インタビュー

  • 86歳の現役宅地建物取引士 欠陥住宅買わされた失敗バネに

    86歳の現役宅地建物取引士 欠陥住宅買わされた失敗バネに

    2017年01月09日

    「若かったころに、不動産会社の“営業トーク”にだまされて、欠陥住宅を買わされた苦い思い出があるんです。ほかの人にはそんな嫌な思いをしてほしくないという気持ちがありましたね」  夫に先立たれたことをきっかけに、難関の国家資格・宅地建物取引士...

  • 94歳脳神経医学者 「1から10までやることが介護じゃない」

    94歳脳神経医学者 「1から10までやることが介護じゃない」

    2017年01月08日

    「年寄りには年寄りの考えがありますから、介護される側に無理をさせても、逆に甘えさせすぎてもいけませんね」  こう語るのは、実姉で日本初の女性衆議院議員・園田天光光さん(享年96)を10年間、老老介護した脳神経医学者の松谷天星丸さん(94)...

  • 81歳の現役女性DJから“心の疲れ”抱える人へアドバイス

    81歳の現役女性DJから“心の疲れ”抱える人へアドバイス

    2017年01月07日

    「若い人たちと音楽イベントで一緒になると『抗うつ剤を飲んでいる』とか『うつで苦しい』という人によく出会います。手をケガしたら、ばんそうこうを貼るのは子どもでも知っていること。でも、心が疲れていることに日本人は無頓着すぎるんです」

  • 79歳桐島洋子が語る日本の教育「『転ばぬ先の杖』ではダメ」

    79歳桐島洋子が語る日本の教育「『転ばぬ先の杖』ではダメ」

    2017年01月06日

    「’11年の東日本大震災、’16年の熊本地震のような大災害が、またいつ起きてもおかしくないのが日本です。いつでも臨機応変に対応できるような、たくましい人間になれるように、親は子どもを育てていくしかありません」  そう話すのは、作家・エッセ...

  • 82歳東海林のり子「いまのマスコミには“愛”が足りない」

    82歳東海林のり子「いまのマスコミには“愛”が足りない」

    2017年01月06日

    「’16年は年明けから“文春砲”が次々に炸裂。さまざまな話題を提供してくれました。ただ、テレビの情報番組は雑誌の後追いや、スポーツ紙のおさらいが中心で、独自ネタが少ないと感じます。報道に携わる局アナが、不倫を報じられるなど、プロ意識に欠ける...

  • 90歳森英恵「孫たちから着想を」森泉・星姉妹との関係語る

    90歳森英恵「孫たちから着想を」森泉・星姉妹との関係語る

    2017年01月06日

    「ファッションというのは、流行を生み出していくもの。つまり、前を向いて走る仕事なんです。人生にも言えることだと思うのですが、今の人たちは、過去を振り返ることを大事にする……というか、私にしてみれば振り返ってばかりいるような気がします」

  • 90歳石井ふく子がドラマ界に喝!「最近“家族”を感じない」

    90歳石井ふく子がドラマ界に喝!「最近“家族”を感じない」

    2017年01月06日

    「物語の展開の速さや、派手な殺しのシーンなどで、視聴者の目を“その瞬間”、テレビ画面にくぎ付けにすることは大事ですが、ドラマを見た後に胸に残る“心のお土産”がなければ、どんどんチャンネルを変えられてしまうと思います。最近、バラエティ番組が多...

  • 82歳金美齢がネット依存社会に喝!「スマホを捨てなさい!」

    82歳金美齢がネット依存社会に喝!「スマホを捨てなさい!」

    2017年01月06日

    「今の日本に元気がないのは皆が今の日本の状況に悲観的になっているからといわれるけど、実はそれは間違いだと思います。だって周囲を見渡すと、まだまだ日本の治安はいいし、安心や安全は意識しなくてもいいくらいに確保されているでしょう。それに餓死者が...

  • 94歳内海桂子が日本のお笑いに喝!「もっと年季と経験を」

    94歳内海桂子が日本のお笑いに喝!「もっと年季と経験を」

    2017年01月06日

    「今のお笑いはお笑いじゃないね。昔はね、何をするにしても、“年季”というものが感じられたんですよ。私が子どものときは、中学に上がるなんてよほどのお金持ちか余裕のあるおうちの子どもだけでした。だいたいは小学校までしか行けなかった。貧しい家の子...

  • 三宅裕司 「50歳を過ぎても夢はかなう!」結成バンドへの思い

    三宅裕司 「50歳を過ぎても夢はかなう!」結成バンドへの思い

    2016年12月27日

    「若いころから舞台でさんざんバカをやって、お客さんを笑わせて、終演後にはおしゃれをして楽屋から出る東京の喜劇役者のカッコよさに憧れていました。その落差が大きいほど気持ちがいい。そこなんですよ、僕にとってビッグバンドのライブをする意味は」 ...

ランキング