”ミスター昼ドラ”が語る「目が離せない」ドラマの作り方

投稿日: 2013年07月05日 07:00 JST

 ‘93年からトータル18年間、昼ドラの制作にかかわり、現在は統括する立場にあるのが、東海テレビ制作局長の鶴啓二郎さん。制作者が語る「昼ドラテイスト」の秘密とは?

「表現は『ハッキリ、クッキリ』。月曜から金曜まで放送しているからといって、1日目は『起』、2日目は『承』……という作り方はしません。その日、たまたまチャンネルを合わせた人も『面白い』と思ってもらえるよう、1回ごとにしっかり起承転結を入れます。正味20数分の作品に起承転結を入れるため、無駄をそぎ落とした“むき身”のセリフと見せ場になるんです」(鶴さん・以下同)

 たしかに昼ドラには、イメージシーンはほとんどない。毎回、怒涛の展開で「目が離せない」のは、そのためだったのだ。コメディからドロドロまで、路線は、プロデューサーの企画力に任されているという。

「時代がこうだからとか、視聴者が求めているからというだけで、路線を決めることはありません。それぞれ、違う人生観や視点を持つプロデューサーが、意欲を持って『自分でやろう!』と思う企画でないと、結局、視聴者に届かないんです」

 そう語る鶴さんの、意欲の結晶のひとつが、『真珠夫人』だった。

「最初の企画会議では『古すぎる』とか、いろいろ言われましたよ。でも、僕は無理やり結婚させられたヒロインが、純潔を守り抜く、という物語を世に出したかった。今は、性が開放的とかいわれますが、日本人の心の中には、今も愛や恋についての奥ゆかしさが残っているんじゃないか。それを問うてみたくて」

 作品の準備は、放送の10カ月前には始まる。無事、完成にこぎつけるまで、制作側にもさまざまなドラマが。

「撮影に入る前に、最低でも3週間分は脚本がないといけないのに、僕が最初に手がけた『ラスト・フレンド』は、1週間分しかできていなくて。ヒヤヒヤでした。『風のロンド』は’95年の作品。オウム事件などが起きて、報道一色の中でのオンエアになりました」

 ハードなスケジュールや激しいシーンに取り組む、キャストの調整役も、鶴さんたちの仕事だ。

「ここでは話せないことも、いろいろありましたよ(笑)。でも、脚本家にとっては、これほど“人間”を書き尽くせるドラマはないし、俳優にとっても、これほど演じ尽くせるドラマはないんです。みんな書きたい、演じたいという“業”がある。こんなにいい現場はないですよ」

【関連記事】
昼ドラ主演の田中美奈子「台本が過激すぎる!」と夫激怒
昼ドラ『赤い糸の女』プロデューサーが語るドロドロポイント
刺激的すぎると話題沸騰の昼ドラ 番組Pが語る「裏テーマ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

2PM ジュノ独占告白!「ソロだからこそ夢中になれること」2016.07.19

4枚目となるミニアルバム『DSMN』を引っ提げ、目下、ソロツアー“HYPER”を敢行中のJUNHO(From 2PM)。7月19日発売の『女性自身』(2736号)では、“歌うJUNHO”の魅力をグラビ...