ASKA 84歳元自衛官の実父が明かした“薬物依存症治療の今”

投稿日: 2014年10月07日 00:00 JST

夕飯の買い物から戻ってきたのだろうか。車から出てきた男性は後部座席から果物や野菜などの食材を降ろした。ASKA(56)の実父で福岡に住む元自衛官のKさん(84)だ。 声をかけると、一瞬驚いた様子だったが、記者の顔を覚えていてくれたのか、言葉を選びながら取材に応じてくれた――。

 前回、本誌がKさんを独占インタビューしたのは昨年8月。週刊文春が息子・ASKAの覚せい剤使用疑惑を報じた直後だった。

「息子はそういう(薬物に手を出すような)やつじゃないですよ。覚せい剤報道については、私は全然心配していません。息子は剣道を通じて警察官とも付き合いが多いですからね。そんな人間関係もあるのに、はたして薬物に手を出したりするでしょうか?」

 当時、Kさんはそう断言し、“幼少のときから剣道を手ほどきした息子”に対する盤石の信頼を見せた。

 それから1年2カ月、心労のためかKさんは一回り小さくなったように見えた。実はASKAが薬物依存症の治療を受けた千葉市内の病院へも面会に行っていたという。「この前、(病院に)行って会ってきました」と語るKさん。9月下旬には12週に及ぶ薬物依存症治療のプログラムも終了しているが、彼はこう続ける。

「(治療は)病院におまかせしていますから。(息子は)いまもまだ病院にいるはずですよ」

 ――スポーツ紙などでは“すでに退院した”とも報じられていますが?
「いえいえ、まだ退院していません」
 なんとASKAは自ら希望して、入院を続けているようだ。

Kさんは七段の剣士であり、ずっと地域の少年少女に剣道を指導していたが、「(子供たちの指導には)もう行けないですよ……。 私も、いまはもう(剣道を)やめております」とそう言い残すと、家の中に入っていった。

年老いた父から剣道という生きがいまで奪っていたASKA。退院を拒否したのは、裏切った父のためにも、本気で薬物依存から脱することを決意したからなのだろうか。 

【関連記事】
ASKA 覚せい剤所持で裏切られた“元自衛官父”の親心
飛鳥涼 父憤怒「息子は薬物に手を出す奴じゃない!」
「俺は飛鳥涼に覚せい剤を売った…」暴力団員の衝撃告白

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
モデル仁香さんがすべて試しました! 話題のミニミニ美顔器
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】顔面偏差値∞!ソ・ガンジュンの虜になる素顔2016.06.28

ドラマ『華政』(’15年)、『チーズ・イン・ザ・トラップ』(’16年)で人気急上昇の最旬俳優、ソ・ガンジュン(22)の初の単独インタビューをお届け! 甘いマスクと演じたキャラクターで女性たちのハートを...