杉山愛「どんなことでも応援する」不妊治療支えた夫の言葉

投稿日: 2015年02月26日 04:00 JST

「最初の妊娠では、お腹にいる子の心拍音さえ聞くことが出来ずに、流産してしまいました……。本当にショックでしたが、すべては、そこからスタートしたのです」

2月16日に妊娠していることを明かした元プロテニス選手の杉山愛(39)。不妊治療を経ての妊娠で、現在は5カ月。いまは安定期に入ったという。そんな彼女が、知られざる“妊活奮闘”の日々を明かした。

「36歳という年齢での結婚でしたから、すぐに婦人科に行って妊娠できるかどうかなど、自分の体の検査をしました。ドクターは『健康だから心配いりませんよ』と言ってくれ、確かにそれからすぐに、自然に妊娠したんです。ところが、5週目での流産でした。“せっかく妊娠したのに、なぜ”という失望や落ち込みからは、簡単に立ち直れるものではなかったですね。私も夫も『どうしようか、これから』と途方に暮れてしまって……」

 新婚夫婦を涙させた流産の悲痛――。しかし、彼女には“どうしても子供が欲しい”という強い思いがあった。「そんな私に、夫は『君が希望を言ってくれれば、どんなことでも応援するから』と言ってくれました」と杉山は語る。そして、流産で夫と泣いた日から3年。ついに、夫婦二人三脚の涙ぐましい努力が実を結ぶ日が訪れる。

「治療を始めて半年で、妊娠が判明しました。『ああ、よかった』と2人で喜びました。
でも、どうしても前の流産のことも頭をよぎりますよね。『どうすれば、同じことを繰り返さないで済むの』って……。ですが、こうすればいいという正解の生活などないんです。ただ激しい運動は控えて、安静にすることくらいしかないわけです」

その後、彼女は最初の妊娠では聞くことがかなわなかった我が子の心音も、しっかり耳にすることができ、安堵したという。

「子供の心拍を確認できたのは、妊娠6週目。これでやっと前の失敗を乗り越えられたとホッとしました。いまは安定期に入りましたが、これからは“人生初体験”。わくわくしているのが正直なところです。7月に出産予定ですが、それは私が40歳になろうというころ。無事に生まれ成長したら、子供が20歳で私が60歳。その覚悟はすでにできていますよ。我が家は長生き家系でみんな元気ですから、私も60歳に向かってまっしぐらです!」

【関連記事】
福嶋晃子 不妊治療1年…最後の挑戦で授かった息子への誓い
大沢樹生が涙の告白!不妊治療3年で授かった長女が死産の悲痛
ジョージ・クルーニー「不妊治療しない」結婚契約書の仰天内容

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

CROSS GENEがそれぞれの”裏の顔”を暴く!「宇宙人」て誰?2016.07.26

6人組ボーイズグループCROSS GENEが、ファーストアルバム『YING YANG』をリリース。’13年に日本デビュー後、待望の日本オリジナルアルバムの発表にメンバーの喜びもひとしお。「まさに、僕た...