セカオワDJ LOVE 素顔を初スクープ!ピエロの中はダンプ松本似

投稿日: 2015年04月21日 00:00 JST

“セカオワ”の愛称で人気を博している『SEKAI NO OWARI』には、いまだベールに包まれている謎がある。そう、あの“ピエロ”だ。DJ LOVE(29)はその名の通り、バンドのDJを担当。ボーカルのFukase(29)によると「代表的なマスコット」でもあるという。

「今のDJ LOVEは“二代目”です。彼はFukaseの高校時代の同級生で、初代DJ LOVEと3人でバンドを組んでいたこともあります。現在のバンドが結成されてからも、彼はスタッフのような形で関わっていました。しばらくすると初代が脱退することに。そこでFekaseの強い希望を受けて、彼がマスクを引きついたのです」(音楽関係者)

そんな彼は、これまで一度もその素顔を公の場で見せたことがない。そのためネット上では《DJ LOVE 素顔》と関連ワードがつくほど注目が集まっているのだ。しかし、本誌は音楽関係者に二代目の素顔を取材。さらに、その仮面に隠された姿をキャッチした!

 4月中旬の昼前、メンバーが共同生活を送る『セカオワハウス』から男性が出てきた。彼が、DJ LOVEだ。色白で頬がふっくらとしており、素朴な表情。太めの体型で、顔はプロレスラーのダンプ松本(54)に似ている。ヘアスタイルは坊ちゃん刈りのような形で、色は金髪。ピエロのマスクを取っているため誰も気づかないが、それでもサングラスでの“変装”を忘れない。だがスニーカーの靴ひもは解け、後ろに「肉」と書かれたデニムは腰までずり落ちて赤い下着が見えていた。

「彼はいわゆる“おたく”。ギターのNakajin(29)同様ラーメン好き。プロレスやおもちゃ集めが趣味で、部屋はフィギュアや漫画で溢れています。だから女性にはモテず、数年前まで女性経験がなかったと聞いています。でも面白いし、誰にも壁を作らない人懐っこさもある。そんな癒し系キャラなので、みんなから好かれていますよ」(前出・音楽関係者)

 この日、彼が向かったのは、都内にあるスタジオ。二時間半後に出てくると、かたわらにはスタッフと思しき2人の美人女性がいた。彼はさっきまでとは打って変わってサングラスを外し、顔つきもどこかキリリとしているように見える。だが、女性たちはすぐさま挨拶を済ませ駅方面へ。その姿を寂しげに見送ると、彼はひとりセカオワハウスへと帰っていった――。

【関連記事】
セカオワSaori“ポスト向井理”と極秘愛!路上キスのドラゲナイも
“二股騒動”のきゃりーぱみゅぱみゅ セカオワ深瀬の見舞いに同伴
オモシロ発言で人気急上昇 17歳美少女ゴルファーの素顔

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
モデル仁香さんがすべて試しました! 話題のミニミニ美顔器
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】顔面偏差値∞!ソ・ガンジュンの虜になる素顔2016.06.28

ドラマ『華政』(’15年)、『チーズ・イン・ザ・トラップ』(’16年)で人気急上昇の最旬俳優、ソ・ガンジュン(22)の初の単独インタビューをお届け! 甘いマスクと演じたキャラクターで女性たちのハートを...