新朝ドラ主人公モデル・広岡浅子はピストル常備の女傑

投稿日: 2015年10月09日 06:00 JST


いまから166年前――。1849年、京都の三井家に生まれ、幕末から大正までの激動を日本人初の女性実業家として生きた広岡浅子。NHK朝ドラ『あさが来た』で波留(24)が演じるヒロイン・白岡あさののモデルが彼女だ。
 
朝ドラでは今週、あさが「加賀屋」の白岡新次郎に嫁入りするまでが描かれるが、現実の広岡浅子は1865年、数え年17歳で大坂(大阪)の両替商「加島屋」の広岡信五郎に嫁いだ。同じころ...

【関連記事】

「常にピストルを携行して…」新朝ドラ主人公モデルの素顔

「跡取り産んでと“代理母”を…」新朝ドラ主人公モデルの豪快伝説
戦争未亡人を救うために保険会社を 新朝ドラ主人公モデルの“女傑”伝説

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
ミス・ユニバースが選ぶ水「トロロックス」をご存じですか?

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“相撲の町”両国~江戸東京博物館「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」両国編・其の壱2017.05.22

歌舞伎俳優・坂東彌十郎さんと歌舞伎に所縁の町を歩く「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」。今回、彌十郎さんは東京・隅田川の東岸、両国の町を歩きます。 両国国技館に代表されるように“相撲の町”という印象ばかりが...


ランキング