石坂浩二なぜ話さない?「なんでも鑑定団」不自然すぎる映像

投稿日: 2016年01月26日 00:00 JST

image

「最近、石坂浩二さんは番組で一言もしゃべりませんが、その映像はとても妙な感じで、何か理由でもあるのですか?」

 

年明け早々、読者からある人気番組に関する“謎”が、編集部に寄せられた。読者によると、すでにネット上でもかなり話題になっているという。さっそく検索してみたところ、「なぜ番組司会者を不自然な形で画面に出ないようにするのか、とても気味が悪い」などの書き込みが2年以上も前から寄せられ、多くの視聴者の間で疑問視されていた。

 

その番組とは、テレビ東京系の『開運!なんでも鑑定団』。今年で23年目を迎える人気の長寿番組だ。本誌は、内情をよく知る番組関係者たちから、驚愕の裏事情を聞くことができた。

 

「石坂さんが“発言しない”のではなく、発言部分を“意識的にカット”して編集されているんです。だからオンエアでは、石坂さんの発言ばかりか音声がほとんどない。発言が少なくなる傾向は、島田紳助さんが司会を辞めた後ぐらいから始まりました。今では音声が編集でカットされていることは、番組スタッフならみんな知っています」

 

本誌が、直近6回(1月19日放送分まで)の放送を入念にチェックしたところ、オープニングで石坂が小声で「こんばんは」「ハイ」と言った音声と、顔は映らずに言葉だけがかろうじて聞き取れた程度だった。このような状況が2年以上も続いているとなれば、誰だって“おかしい”と気づくのは当然だ。

 

「意識的に石坂さんの音声をカットするように指示しているのは、番組制作の責任者A氏です。彼が責任者になってから、番組内で石坂さんが仕切る名物コーナー『鑑定ルーム』が廃止されました。ある酒席で、番組内容をめぐって、石坂さんとトラブルを起こしたこともあります」

 

さらにこの番組関係者は、こう話す。

 

「A氏は番組創設メンバーであるスタッフや、紳助さんらが番組を去るなか、残る最後の大物である石坂さんを辞めさせたいようです。音声カットは、石坂さんの番組内での存在感をなくし、自主降板へと追い込むためなんです」

 

もしこれが事実であれば番組開始からの功労者に対する陰湿な“いじめ”ともいえる。石坂本人に取材を申し込んだところ、「コメントは差し控えさせていただきます」(所属事務所)との回答のみだった。

 

そこで番組を制作するテレビ東京に対し、(1)石坂氏の音声がないことを把握しているか。(2)音声がない明確な理由。(3)音声カットは番組制作の責任者A氏の意向なのか、を質問してみた。テレ東からの回答は、「番組の制作過程につきましては、お答えできません」(広報部)とのこと。

 

音声がないことを局として把握しているかは、オンエア後の話であり、制作過程での話ではないはずだが……。最後に別の番組関係者から聞いたエピソードを紹介する。

 

「番組開始当初、あまりに低予算しか与えられず、女性アシスタントの履く靴はひどいものでした。これを見かねた石坂さんが、全員のサイズを聞いてポケットマネーから靴を特注して作り、配ったんです。スタッフ含め、みんな感激していました。スタート時から番組を支えてくれた石坂さんに対し、今の状況はあまりにもかわいそうです」

 

石坂のウンチクを、再び番組で聞くことはできるのだろうか――。

【関連記事】
テレビ黎明期を知る石坂浩二が語る「テレビはテレビなりの生き方で残る」
石坂浩二74歳の“趣味を楽しみ、人生を楽しむ心得”
浅丘ルリ子 本人が語る小林旭、石坂浩二とのオープンな恋愛

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】セクシー女王は誰だ!T-araのドキドキ指さしゲーム2016.09.27

今年で日本デビュー5周年を迎えたT-ara。先週に引き続き、K☆STAR LOVERSの独占インタビューをお届け! 今週は、お互いのことをよく知るメンバーが、「いちばん●●なメンバー」を選ぶフィーリン...