「肥満予防のカギに…」関心集める“スローカロリー”という考え方

投稿日: 2015年09月28日 06:00 JST

image

日本人の1日のカロリー摂取量は、’71年から年々、減っていることをご存じだろうか?順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生は言う。

 

「厚労省によると、’71年に約2,300キロカロリーあった1日の1人あたりの摂取カロリーが、’00年代には1,900キロカロリー台に。現在は終戦直後の数値を下回っています。同様に糖質摂取量も’70年代から徐々に減少しています。それにもかかわらず、高血圧や糖尿病は増加の一途。さらに5人に1人がメタボリックシンドロームか、その予備群といわれるほど肥満が増えています」

 

その背景には、和食から脂肪分が多い欧米型食生活への変化がある。さらには、糖の「質」が変わったことが、大きく影響しているという。

 

「そこで関心を集めているのが『スローカロリー』です。2月に、日本の医師や研究者、企業らによって設立された『スローカロリー研究会』は、『肥満や生活習慣病の予防のカギになる』とスローカロリーを研究しています」

 

「スローカロリー」とは、精製された食材ではなく、糖の消化吸収の速度が遅いものをとることで、健康な体を作るという考え方。たとえば、白米ではなく玄米、通常の小麦ではなく全粒粉の小麦、砂糖よりハチミツがいいようだ。

 

「わかりやすく説明すると、ご飯や麺、砂糖は消化されると、ブドウ糖となり、血液に取り込まれます。その際、急激に血糖値が上がると、すい臓などの内蔵に負担をかけるばかりか、肥満や糖尿病、高血圧や心臓病などの引き金に。血糖値の上昇が緩やかな炭水化物をとることで、生活習慣やがんも予防できる可能性を秘めているのです」

 

糖質を制限すると、栄養バランスを損なう。糖を「悪者」と考えずに、「質」を吟味したほうが病気を予防し、ダイエット効果もあるようだ。

【関連記事】
ビタミン豊富で高血圧も肥満も予防…「酒かす」は超美容食!
認知症予防にも…ブラジル国民茶・マテ茶の活用法
タンパク質を中心にバランスを…「認知症にならないための食生活8」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
モデル仁香さんがすべて試しました! 話題のミニミニ美顔器
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

BIGBANGの作曲家発・“逆輸入”アイドルCHERRSEEって?2016.05.24

注目の新人ガールズグループが、元気いっぱいに初登場! その名は、CHERRSEE(チェルシー)。K-POP界屈指のヒットメーカーである「勇敢な兄弟」ことカン・ドンチョル氏が初めて手がける日本発のアーテ...


お知らせ