ラグビー日本代表の活躍の陰にあった“腸活”って?

投稿日: 2016年02月05日 06:00 JST

image

「昨年のW杯で大活躍したラグビー日本代表。そんな日本代表選手たちが、世界一過酷な練習で、好成績を収めたことは知られています。しかし、私は、もう1つの立役者がいると思っています。それは“腸活”です。私は、自律神経の研究者として、多くのスポーツ選手のコンディションを指導しています。そのなかの1人が、日本代表のトライゲッター、山田章仁選手です」

 

こう語るのは、順天堂大学医学部教授で自律神経研究の第一人者・小林弘幸先生。小林先生は、山田選手が学生時代からコンディションについてアドバイスをしている。W杯開催中も、何度かメールでやり取りをしていた。とくに大事な試合前に山田選手が気にかけていたのは、食生活について。

 

「なぜ、山田選手のようにトップ選手が“腸活”に力を注ぐのか−−。それは、試合で最高のパフォーマンスを発揮するためなのです。ところで『体幹』を鍛えるとよく耳にします。しかし外科医である私は『体幹トレーニング』に疑問を持っています。『体幹』の部分は、背骨と内臓、筋肉など、さまざまな要素で成り立っています。どうやって鍛えればいいのか……。そこで私なりに『体幹トレーニング』は『腸内環境を整え、血流をよくすること』だと考えています」

 

“腸活”することで、指先や足先の毛細血管までキレイな血が行き届き、自律神経も整う。これにより緊張するような大舞台でも、最高のパフォーマンスを発揮できるのだと小林先生は言う。また。疲労した肉体を早く回復する効果も。そして、“腸活”に欠かせないものが発酵食品だ。

 

「山田選手にも、大事な試合前には、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を取るようにアドバイスしました。余談ですが、あの五郎丸歩選手は『納豆のマヨネーズかけご飯』が大好物だそうです。あの正確無比のキックは“腸活”の賜物かもしれません。トップアスリートにとって根性や精神論は、過去の話。今や“腸活”で、健康体をつくり、最高のパフォーマンスを発揮しているのです」

 

私たちの生活にも“腸活”を積極的に取り入れていきたいものだ。

【関連記事】
痩せない原因は“太る腸内細菌”かも 改善法は
痩せない、冷えの原因?重病引き起こす「むくみ腸」
血圧を下げる!トイレでできる“腸活エクササイズ”って?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

CROSS GENEがそれぞれの”裏の顔”を暴く!「宇宙人」て誰?2016.07.26

6人組ボーイズグループCROSS GENEが、ファーストアルバム『YING YANG』をリリース。’13年に日本デビュー後、待望の日本オリジナルアルバムの発表にメンバーの喜びもひとしお。「まさに、僕た...