桂歌丸も入院…「マイコプラズマ肺炎」を見抜く危険信号とは?

投稿日: 2017年01月03日 06:00 JST


 
落語家・桂歌丸師匠(80)の緊急入院が報じられたのは、12月15日のことだった。
 
「30代のころから患っている肺気腫が悪化したのです。歌丸師匠は’10年2月に肺炎のために入院しています。今回は医師から『このままでは肺炎になる』と、入院を勧められたそうですね」(スポーツ紙記者)
 
歌丸師匠は、2カ月前の10月末には横浜市内で勉強会に出席し、肺の病気の危険性について講演していた...

【関連記事】

志村けん 復帰後はじめて公の場に登場「肺炎を甘くみていた」

特効薬が効かないハイパーマイコプラズマ肺炎が急増中
どれだけ理解している?子どもが受けるワクチンの特徴まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

少女時代、SEVENTEENらが集結!SFWでのハイライトまとめ2017.04.25

少女時代やSHINee、注目の新人SEVENTEENにNCT127まで! 3月28日から4月1日まで韓国・ソウルの東大門デザインプラザで行われたソウルファッションウィークに来場した豪華韓流スターを一挙...


ランキング