桂歌丸も入院…「マイコプラズマ肺炎」を見抜く危険信号とは?

投稿日: 2017年01月03日 06:00 JST


 
落語家・桂歌丸師匠(80)の緊急入院が報じられたのは、12月15日のことだった。
 
「30代のころから患っている肺気腫が悪化したのです。歌丸師匠は’10年2月に肺炎のために入院しています。今回は医師から『このままでは肺炎になる』と、入院を勧められたそうですね」(スポーツ紙記者)
 
歌丸師匠は、2カ月前の10月末には横浜市内で勉強会に出席し、肺の病気の危険性について講演していた...

【関連記事】
志村けん 復帰後はじめて公の場に登場「肺炎を甘くみていた」
特効薬が効かないハイパーマイコプラズマ肺炎が急増中
どれだけ理解している?子どもが受けるワクチンの特徴まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

2PMテギョン 愛をこめて…日本のファンへ「再会の約束」!2017.01.17

先週に引き続き、2PMのテギョンのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。初のソロアルバム『TAECYEON SPECIAL ~Winter 一人~』を1月18日にリリースし、この活動を最...


ランキング