万病のもと“口呼吸”子供に増加の理由は離乳食

投稿日: 2013年10月25日 07:00 JST

「口呼吸は、風邪や慢性疲労から、アレルギー性鼻炎、花粉症などの免疫疾患から、うつ病、がんなどあらゆる病気の要因となる、まさに万病のもとだといえます」

 

こう語るのは『顔と口腔の医学』西原研究所所長の西原克成先生だ。最近、日本の子供に口呼吸が増えているといわれている。その理由を教えてくれた。

 

「日本人に口呼吸が多い理由は、離乳食が早すぎて口呼吸の癖が形成されることです。WHOでは2歳半まで母乳をすすめていますが、日本では5カ月くらいから離乳食を推奨しています。しかし2歳半まではお乳を吸うための歯なので無理やり食べさせれば十分に咀嚼できず、丸飲みするしかないので必然的に口呼吸になります」

 

口呼吸の癖をつけないために、ほとんどの先進国では3〜4歳までおしゃぶりをさせているという。日本では1歳ぐらいでおしゃぶりをやめるのが通例だ。

 

「おしゃぶりに関してはいろいろな意見がありますが、4〜5歳までちゃんと使えば、歯並びもきれいになり、歯列矯正の必要もなくなるでしょう。口呼吸の習慣を直すには、食事中は口をきちっと閉じ、クチャクチャ音を立てないよう、鼻で呼吸しながらゆっくりよくかむように教えることです。呼吸法や寝相も大切です」

 

子供の口呼吸は、歯並びが悪くなり、便秘、冷え性、頭痛などの症状も。大人なら、肌荒れ、しみ、しわ、むくみなど美容にも大きな影響が出てくるという。鼻呼吸は酸素が体の中にたくさんとり入れられるので、脳の働きもよくなり頭がスッキリして、健康増進にもつながるそうだ。

【関連記事】
うつや脳梗塞も…怖い病気が潜む“汗のかき方”に注意
40代で発症も…忍び寄る「若年性認知症」チェックリスト
ゴマの抗酸化物質が体力&気力年齢を若々しく保つ秘訣とは

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
モデル仁香さんがすべて試しました! 話題のミニミニ美顔器
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】超新星 5人でのラストメッセージ!入隊前の心境は…2016.05.17

これから夏にかけて、メンバー4人が入隊を控えるボーカル&ダンスグループ・超新星。女性自身は、韓国・ソウルにて、5人で臨む最後のグラビア撮影&インタビューを敢行。2月末に東京・代々木競技場第一体育館で行...


お知らせ