トランプ氏 過激すぎる発言が生む大統領選「自爆の2月」問題

投稿日: 2016年01月08日 06:00 JST

image

11月の大統領選挙に向け、民主、共和両党の指名争いが本格化している米国。共和党の“台風の目”になっているのが、「米国の不動産王」ドナルド・トランプ氏(69)だ。

 

「『イスラム教徒を入国禁止にしろ』など、過激な発言を繰り返して注目を集めています。支持率は40%を越えて、トップを爆走しています」(外信部記者)

父親の不動産会社を継いで頂点に登りつめたトランプ氏。“過激発言”は同盟国の日本にも向けられ、「もっと強硬姿勢で臨むべきだ」という趣旨の発言をしたことも。

相手構わず暴言を放つ“大統領候補”に、世界中が危惧の目を向けているのだが――。

本当にこのまま彼は“米国大統領”になってしまうのか。国際政治ジャーナリストの小西克哉さんに聞いてみた。

「彼が大統領になるには、まず共和党の指名候補にならないといけません。共和党でも民主党でも、党内では過激なことを言ったほうが受けるんですよ。だから、今の段階では支持が伸びてるんです。

でも、彼には“お金”はあるが“組織”がありません。過激発言で世論に風を起こしてきましたが、いよいよ2月から、各州で共和党内の予備選が始まります。風だのみだけでは、このまま独走を続けることは難しい。勢いはもって2月までと見ています」

トランプ氏が増長し、過激な発言をすればするほど、ほくそ笑む人もいるという。

「それは、民主党の指名争いでトップを走る、ヒラリー・クリントン(68)です。

共和党内の指名争いで過激発言を繰り返すトランプ氏ですが、クリントン氏と争う大統領選の本選挙はまた別です。国民の大多数を占める中間派の支持がなければ当選できません。過激発言で突っ走るトランプ氏は、そこで必ずしっぺ返しを受けることになる。

だから、クリントン氏にとって彼が出てくることは、願ってもない展開です。

いくつかの州では、共和党員でなくても、共和党の予備選に投票できる州があります。共和党の予備選に、ヒラリー支持者が大挙して駆けつけてトランプに投票する――そんな珍事もあるかもしれません」

 

予備選が始まれば、過激発言で結局自爆するというトランプ氏。“自爆の2月”まで、もうあと1カ月……。

【関連記事】
米国で毎年死者2千人以上…飲酒による健康トラブル避けるには
米国現地取材で見えたケネディ駐日大使の素顔と葛藤
北朝鮮 米国本土狙う「核ミサイル」日米の対処は

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
モデル仁香さんがすべて試しました! 話題のミニミニ美顔器
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】顔面偏差値∞!ソ・ガンジュンの虜になる素顔2016.06.28

ドラマ『華政』(’15年)、『チーズ・イン・ザ・トラップ』(’16年)で人気急上昇の最旬俳優、ソ・ガンジュン(22)の初の単独インタビューをお届け! 甘いマスクと演じたキャラクターで女性たちのハートを...