第20回 1月のお楽しみは“フェーブ”がかわいい「ガレット・デ・ロワ」~マダムミキのパリの食・デザイン365日

投稿日: 2017年01月10日 00:00 JST


 
みなさま、あけましておめでとうございます。
 
お祭り気分のノエルが終わって年が明けると、フランスには「三が日」という言葉は存在しません。大みそかに年越しパーティ(ノエルは家族と過ごし、大みそかは友達と盛り上がるのが一般的)をし、元日にパーティ疲れを癒したら、2日から通常営業。今年は元日が日曜でしたので、2日の月曜からみんなそれぞれの日常をこなしております。もちろん、子供たちも3日か...

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

マダム ミキ(モーリヤック・ミキ)

大阪からパリに移り住み14年。大学で美術史を専攻、パリのCHRISTIE’Sで勉強後、主婦になり、ママになり……今に至る。コーディネート、通訳など、気ままなフランス人を相手に奮闘しています。
 
Instagram:@madamemiki
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
ミス・ユニバースが選ぶ水「トロロックス」をご存じですか?

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

歌舞伎町とは縁の深い人形町・甘酒横丁へ~戸田屋商店・凡味「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」其の八2017.03.20

ここ人形町も、歌舞伎とは縁の深い町。今回、坂東彌十郎さんがまず、飛び込んだのは手ぬぐいとゆかたの製造卸問屋、その名も〝梨園染〟の「戸田屋商店」です。創業明治5年という老舗ですが、じつは彌十郎さん、ご贔...


ランキング