第102灯 原発事故から6年 わたしたちが取り戻すべき『中今』の感覚について

投稿日: 2017年03月07日 17:00 JST


 
東日本大震災および福島第一原発事故からまる6年を迎えます。今灯は、追悼と平和への祈りを込めて描いた絵と共に、いまの想いを綴りたいと思います。
 

未曾有の被害をもたらしたあの事故から、こんなに時間が経ってしまいました。一向に解決しない廃炉処理、除染で生まれる汚染土やゴミの山、甲状腺がんやさまざまな健康被害、避難生活や強制帰還など、多くの問題が山積みとなっています。どんなに月日が経...

【関連記事】

福島原発事故費用の国民負担(1)電気料金が青天井で上がる!?

福島原発事故費用の国民負担(2)安い電力を買う機会がつぶされる!?
福島原発事故費用の国民負担(3)賠償で事故前の生活取り戻したい

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

サトウチカ

自然療法士。メディカルハーブ、アロマセラピー、フラワーエッセンスなどの植物療法を中心に、自然なもので健康なカラダやココロを育む大切さを伝えています。2013年9月に神奈川県横浜市の森や畑や田んぼで囲まれた長閑な場所で、エネルギー(電氣)は完全に、食糧(お野菜)はできるかぎり、自分のお家でつくる自給自足生活をスタート!
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
ミス・ユニバースが選ぶ水「トロロックス」をご存じですか?

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

歌舞伎町とは縁の深い人形町・甘酒横丁へ~戸田屋商店・凡味「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」其の八2017.03.20

ここ人形町も、歌舞伎とは縁の深い町。今回、坂東彌十郎さんがまず、飛び込んだのは手ぬぐいとゆかたの製造卸問屋、その名も〝梨園染〟の「戸田屋商店」です。創業明治5年という老舗ですが、じつは彌十郎さん、ご贔...


ランキング