赤サンゴ密猟は隠れ蓑…中国漁船200隻「正体は海上民兵」

投稿日: 2014年11月12日 17:00 JST

小笠原諸島沖と伊豆諸島の鳥島、須美寿島周辺では、9月中旬から中国漁船が急増。10月30日には計212隻にまで達した。彼らの目的は、1キロ数百万円の高値で取引される赤サンゴの密漁と見られている。
 
海上保安庁は、これまでに排他的経済水域や領海で操業したとして漁業主権法違反容疑などで中国人船長5人を逮捕。だが、中国漁船は逮捕の危険を冒してまで、一攫千金を夢見て押し寄せている。
 
だが、その...

【関連記事】

1日500件…報道されない中国“貧困テロ”の実態

“消費期限が46年前”の鶏肉も…中国食品「恐怖の裏事情」
「銀座の中国人トラベラー」驚きの商売人っぷりとは!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

ノスタルジックなたたずまいが印象的な中華料理店~大勝軒「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」其の六2017.02.20

坂東彌十郎さんが向かったのは、ノスタルジックなたたずまいが印象的な中華料理店『大勝軒』でした。その外観が示すとおり、昭和8年(1933年)創業という歴史あるお店。じつは、日本橋浜町の明治座によく出演し...


ランキング