羽生結弦 臆病だった少年時代、パート掛け持ちで支えた母

投稿日: 2015年12月22日 00:00 JST

(写真/AFLO)
12月15日、羽田空港で待ち受けていたファンからの熱烈な歓迎と報道陣からのフラッシュの嵐を受けて帰国した羽生結弦(21)。羽生はグランプリファイナルで史上最高得点の330点超えで優勝を果たし、「神が降臨した」と世界が称賛。誰もが認める “絶対王者”となった。その陰にはいつも、見守り続ける母・由美さんの姿があった。
 
4歳のときに姉の影響でフィギュアスケートを始めたという...

【関連記事】

羽生結弦 園遊会特注スーツに“紳士服売場主任”母の経験

羽生結弦「極秘闘病90日」復活の陰にあった“孤独な闘い”
羽生結弦「すべては被災地のために」献身決意させた“父の背中”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
ミス・ユニバースが選ぶ水「トロロックス」をご存じですか?

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“相撲の町”両国~江戸東京博物館「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」両国編・其の壱2017.05.22

歌舞伎俳優・坂東彌十郎さんと歌舞伎に所縁の町を歩く「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」。今回、彌十郎さんは東京・隅田川の東岸、両国の町を歩きます。 両国国技館に代表されるように“相撲の町”という印象ばかりが...


ランキング