かかし15体 話題 花壇、美しくて楽しくて… 今帰仁平敷区

投稿日: 2017年01月11日 11:00 JST

園児たちも興味深そうに眺めるハルサーの格好をしたかかし=5日、今帰仁村平敷区(写真・琉球新報社)
 
【今帰仁】年中無休で花を守るハルサー(農家)かかし登場-。今帰仁村平敷区(大城稔区長)を通る国道505号の「乙羽岳入り口」付近の花壇で、愛らしく咲き誇る花々を守るように設置されたかかしが話題を集めている。かかしは15体。国道から見えるのは後ろ姿だが作業服のかかしはまるで、本物の人間が農作業をし...

【関連記事】

沖縄・今帰仁発 ぬるヌル相撲 「やったことない」に挑戦 恩返し胸に「心は一つ村興し♪」

煎じものはクスイムン 島野菜のチムシンジ
「農業女子」楽しいよ 女性就農者が高校生に講演

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
ミス・ユニバースが選ぶ水「トロロックス」をご存じですか?

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

歌舞伎町とは縁の深い人形町・甘酒横丁へ~戸田屋商店・凡味「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」其の八2017.03.20

ここ人形町も、歌舞伎とは縁の深い町。今回、坂東彌十郎さんがまず、飛び込んだのは手ぬぐいとゆかたの製造卸問屋、その名も〝梨園染〟の「戸田屋商店」です。創業明治5年という老舗ですが、じつは彌十郎さん、ご贔...


ランキング