本島周辺のサンゴ良好 宜野湾・北谷沖 海人の会が調査

投稿日: 2017年01月12日 11:00 JST

リーフチェックする「ちゅら海を守り、活かす海人の会」のメンバーら=11日、宜野湾市の大山長瀬(金良孝矢撮影)
 
漁業者や海洋関連事業者らでつくる「ちゅら海を守り、活(い)かす海人の会」は11日、宜野湾市と北谷町沖の2地点で、サンゴの状態を調べるリーフチェックを実施した。調査に同行した日本自然保護協会の安部真理子主任は「昨年の白化現象の影響が少しあったが、元気なサンゴが多く健全な状態だった」と...

【関連記事】

石西礁湖のサンゴ7割死滅 白化拡大、回復に時間

『サンゴ礁に生きる海人』 人々の共生の知恵
大浦湾のサンゴ「健全」 海人の会、白化も確認

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
刺さない「貼るだけ」美容鍼! アキュライフとは?
ミランダ・カー愛用! 「セレブの青汁」チラコイド
エクササイズより効く!? 耳つぼダイエット
芦屋マダムのヒミツ「履くだけで美脚」サンダルって?
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

歌舞伎町とは縁の深い人形町・甘酒横丁へ~戸田屋商店・凡味「楽・食・歌舞伎 彌十散歩」其の八2017.03.20

ここ人形町も、歌舞伎とは縁の深い町。今回、坂東彌十郎さんがまず、飛び込んだのは手ぬぐいとゆかたの製造卸問屋、その名も〝梨園染〟の「戸田屋商店」です。創業明治5年という老舗ですが、じつは彌十郎さん、ご贔...


ランキング