現地時間20日、世界ジュニアゴルフ選手権の最終日がアメリカ・サンディエゴのトーリーパインズGCで行われた。石川選手は、首位とは15打差あり、逆転優勝は絶望的だったが、最終18番の第2打をピン側につけ、イーグルチャンスを迎えた。ラウンド前に「気持ちを込めて打ちたい」と語っていた“ハニカミ王子”こと石川選手は、これを入れて大会初のイーグルを決めたが、日本代表デビュー戦の成績は通算12オーバーの23位。石川選手は「タフな難しいコースで4日間やって、最後まであきらめないでプレーできたことが、本当にいい経験になりました」と話した。

0708261 0708262 0708263_2
0708264 0708265
0708266

クリックすると画像が大きくなります。