はい!はい!はい!はい!ついにやってきましたよ~[E:sign03]

いいものはイイ!と押しに押しますよ!私は!
美容、接客、空間作りを徹底的にこだわっているスパ、cheraim spa(チャエーム スパ)を一押しします[E:shine]

キャッチーな一言をどうぞ!と言われたら間違いなく、
「世界初!フェイシャル用ホットストーンが体験出来るスパ」とつけるでしょう[E:shine][E:shine][E:shine][E:shine]

Dsc_9358_2

最新スパには目がない私が、到着するなり驚いたのは入り口の外観の造りです。スーッと気持ちのいい風がするり抜けていく入り口、そして気持ちのいいソファーがあり、到着してすぐにゆったり空間作りが最高なのです。これ重要[E:flair]
Dsc_9630

いいスパを受けて良かった~とお客様も満足度が更に高くなるのは、お店の入り口、待合室などが、どれだけリラックスしてゆったり出来る空間を造れているのかがとても左右するのだと思うのです。そしてココは、間違いなく最高です[E:lovely]

せっかく海外のイイスパを受けるのに言葉が通じない、言いたいことが言えずに納得いくスパが受けられなくて妥協してしまっていたスパ通のみな様!!!ご安心を。
ココは、日本人女性スタッフの方がいらっしゃいます。とても話しやすく優しい方です。そんな優しいスタッフの方に案内され、スパを受ける施術ルームに着いて扉を開くと……[E:notes][E:run]

なんと[E:sign02] くし まりな[E:happy02][E:happy02][E:happy02][E:happy02] 衝撃うけました!部屋に入ると、ベッドの床の下に水があり、たくさんの鯉が泳いでいるのです[E:fish]

言葉だけでは、うまく伝わりづらいかと思うのですが、施術を受ける際にベッドにうつ伏せになると、視線の先に鯉が泳いでいる状態です。要するに、気持ちよく優雅に泳ぐ鯉を見ながら、気持ちのいい施術を受けられるという訳[E:heart04]

ただ、見た目がキレイだからやっている訳ではなく、身体のことを考えてのことなのです。聞くところによれば、泳いでいる鯉の動きが人間の脳波や神経にとてもイイ刺激を与えてくれるそうです。ココまで空間にまで癒しを追及してるスパは初めてかも。だって、文句なしですから。鯉が、究極の癒しへ更に導いてくれます。期待で胸がふくらみます。

そしていよいよ!施術スタート[E:good]

Dsc_9307 Dsc_9315
まずは、ホットストーンを身体にあてていきます。石が熱くなっていて、施術をしてくれる人の手も温かくなるので、その温かい手でオイルトリートメントは格別!今まで味わったことのない極上の気持ちよさです。トリートメントの大事なポイントとして手のぬくもりは大事なのです。命といえるでしょう。

Dsc_9343_2

さらには、石のパワーが身体に浸透していくので、まさに究極の癒し。石と手の温かさで、身体の中の血流がとても良くなりさらに!身体のコリがほぐれやすくなる為、疲れがどこかへ行ってしまうことでしょう。美に関して極めたい方は是非!!!ココで体験してほしいと思います。

さぁ~、次はいよいよ未知なる施術のスタートです。

Dsc_9367

世界初[E:sign02] Fa(フェイシャル)ホットストーンです。こちらも、石をあてていくたびにホワ~ッと!みるみるうちに血流の流れがよくなり、むくみがちだった顔が一気にほぐされていく感じです。身体であれだけの気持ちよさですから…[E:lovely]

はい、顔はさらに気持ちい訳です。素直に言います。自然と寝てしまいました。これが、全てをあらわしています。
Dsc_9446 本当に良いスパをうけて、一番嬉しいお客様の感想は「気がついたら寝てしまっていた・・」ということなのです。

それはなぜかというと、人が眠りにつくということは本当に心からリラックスしている。と、いうことなのです[E:shine][E:shine]

えっ[E:sign02] ただ眠かっただけじゃない[E:happy02] って、はい。私の場合、そういうことあります(笑).

いや、今回はちがいますよ~!!! 冗談はさておき!私は、cheraim spaを大プッシュします[E:sun]

実際に施術をうけた感想は、視界は鯉に癒され(新しい感覚)、耳は水の流れる音、身体は石の温かさやパワーで癒され(身体はポカポカ)、視界は別世界で水の中にいるかのような気持ちになります。リラクゼーションの最高峰といえるでしょう。

プーケットに行ったら必ずココに行ってほしい!!! ハッピートリップ☆☆☆☆☆

撮影/高田太郎

―DATA―
・住所:16 Wichitsongkram Rd, Wichit, Muang, Phuket
・連絡先<Tel>+ 66 76 249670 to 5(日本国内から)
076 76 249670 to 5(タイ国内から)
・営業時間:9時~22時
・休み:無休
http://www.cheraimspavillage.com
manager@cheraimspavillage.com(日本語可能)