Rc8b2122_6  さあ、『ヨコ様のうま飯』第一弾は、横内正さん考案の自家製『肉味噌』を使った一皿をご紹介!! 中華料理のジャージャー麺をイメージしていただくと良いでしょう。でも、ヨコ様の肉味噌は、辛すぎず甘すぎず、日本人の口に合う優しいお味です。アッツアツのご飯の上にのせて食べても、酒のあてにも美味しい。アイデア次第で、何品もアレンジできますよ!!

〈ヨコ様インタビュー〉

 私の料理レシピだなんてね、本当、男の料理ですから、冷蔵庫の中のありもので作れるような簡単なものばかりでお恥ずかしいのですよ(笑)。
 料理をするのはもともと好きだったこともありますが、仕事柄、弁当を食べる機会が多いでしょう。すると、入っているおかずで食べられないものが、結構ありましてね。それで、自宅のキッチンでささっとおかずをこしらえて持参するようになりました。今では、仕事先の楽屋で料理をして食べることもしょっちゅう。共演者やうちのスタッフたちに食べてもらって楽しんでいますよ(笑)。Rc8b1735_2  
 そこでね、今回、何を最初にご紹介しようかなあと考えてみたところ、スタッフからも美味しいと一番人気の肉味噌がよろしいかなあと思いまして、作らせていただきました。
 そもそもは、私の兄嫁が作っていたものなのですが、私自身、もう数十年作り続けている定番の一品です。ご飯にのせて食べても良し!! よく水にさらしたうどんの上にのせて食すのも、これからのシーズンにマッチしたおススメの一品です。
 
題して『ヨコ様の肉味噌うどん』

Rc8b2122_7

 冷蔵庫に入れて置けば1か月ほど保存が効きますので、おにぎりの具にしたり、エシャロットや谷中生姜、キュウリなど、野菜を食べるときにつけたり、いろいろなおかずに使えます。とっさのときのおかずに、ぜひ、いかがでしょう?

Rc8b2146

Rc8b2156

ヨコ様流 男のレシピ!!

□材料(2人分)
・讃岐うどん乾メン……2束
・豚肉(ポークソテー用、または、しょうが焼き用)……100~150g(荒い1㎝角くらいのみじん切り)
・ニンニク……半かけ(細かいみじん切り)
・玉ネギ……小1個(荒いみじん切り)
・鷹の爪……1本(2㎜程度のスライス)
・キュウリ……1本(斜めスライス、幅0.5㎝ほどの短冊切りにし氷水にさらす)
・カイワレ……少々(根切りし2つまみほど)

□調味料
・合わせ味噌……大さじ6~7杯
・サラダオイル……大さじ1杯(カラダに優しいオイル)
・みりん……小さじ2~3杯
・砂糖……小さじ2~3杯
・料理酒……大さじ2杯
・片栗粉……小さじ2杯
・化学調味料……少々
・水……少々(適当)

□作り方
1. まずは、材料の下ごしらえから。調理前に野菜やニンニク、鷹の爪などすべてカットして準備しておけば、材料や味噌をこがすことないので失敗しません!!

Rc8b1796_2

Rc8b1855

2. つぎは、肉味噌料理の主役の豚肉を用意。ジャージャー麺で使われる、ひき肉ではなく、ポークソテー用やしょうが焼用の肉を使って肉の食感を味わうのがヨコ様流!!

Rc8b1859

3. 熱湯で指定時間内、麺をゆがき、仕上がったら水でヌメリをていねいに洗い落し、水切りしておく。

4. 熱したフライパンにオイルを入れ、ニンニク、玉ネギ、豚肉、鷹の爪を順次入れ炒める。

Rc8b1887

5. よく炒まったところで味噌を入れ、料理酒でのばしながらさらによく炒める。固ければ水でのばしつつさらに炒め、調味料、砂糖などを加え、味をととのえる。水は片栗粉をとかした半カップほどのものを加減しながら加える。 

Rc8b1905 

Rc8b1902

6. ここで味見を(笑)。
 
Rc8b1909

7. 器に盛ったうどんの横半分ずつ、味噌、キュウリとカイワレを束ねて出来上がり!! 

Rc8b2072

食べる前は、肉味噌を麺によ~くからめて食べてください。シャッキシャキのキュウリとちょっぴり苦味のあるカイワレが味噌とからむと美味しいのですよ!!

Rc8b2125

Rc8b2162_3  写真にはカイワレがのっていませんが、お試しください。

   調理&盛りつけ/横内正
   写真/桑原 靖

◆ヨコ様の当ブログは、女性自身のモバイルでも見られますよ!!
 女性自身モバイル版トップページURL http://www4.kmaga.jp/jisin
 『ヨコ様の奥の横道』のモバイル版URL http://typecast.typepad.jp/t/typecast/127008/305189