夜眠りにつくときは、潜在意識に自分の思いが入り込みやすい時間帯で、その潜在意識が、人の運勢を創り出す働きをするというお話を前回しましたね。実はもうひとつ、潜在意識に思いが侵入しやすい時間があるのですが、それはいつでしょう? そう、朝、目覚めたばかりで、頭がちょっとボーッとしているときです。眠りにつくときと、起きたてのとき……両方とも意識がやや朦朧としているときね。

さあ、明日からはこの寝起きの時間帯を上手に使って、「幸せ体質」をつくっていきましょう。朝起きたら、まず窓を開けます。そして、窓辺に立ったまま、あなたの心と体にたまっている悪いエネルギーを全部追い出すつもりで、なが~く息を吐き出します。これ以上、息を吐けなくなったら、今度は心と体に幸せのエネルギーがどんどん入ってくることを想像しながら、新鮮な空気をゆっくり、お腹いっぱい吸い込みましょう!

この深呼吸は1回だけでOKです。でもその後に、「ステキな朝ね!」とか、「なんかいいことありそう!」など、明るく楽しい言葉を必ず言うようにしてくださいね。ワクワクするようなことを想像しながら言うと、なお効果的ですよ。決して、「イヤな予感がする」とか、「あ~あ、今日も働かなくちゃならないのか……」などと、ネガティブなことを思わないようにね。

夜と朝の2回、明るく楽しい想像を毎日、潜在意識にインプットし続ければ、あなたは間違いなく幸せを呼び込む「幸せ体質」に変わっていくはずですよ。実際、私がお教えするこの方法を実行した多くの方に、不思議なくらいに幸せが訪れているのです。