どんな人でも、ほんの些細なことが気になったり、客観的に見れば、大したことがないような問題で不安になるときがあります。心が心配や不安という、ほんの小さな領域から抜け出せなくなって、グルグル、グルグル同じことばかりを考え続けてしまうのです。あなたもご経験がおありでしょう?

こんな状態になられた方に、私がオススメしていることがあります。それは「遠くを見る」ということです。「タワーや高層ビル、丘など、高い所に昇って、遠くを見てごらんなさい」とお話ししています。夜空の星を眺めたり、海を見に行くのもいいですね。とにかく、視線を自分のすぐ近くではなく、遠くへ移すこと。実は、これがとても効果的なのです。

人間というのはけっこう単純で、こうして遠くを眺めていると、小さなことで不安になったり、悩んでいるのがバカバカしくなってきます。「そうだ、そんなに悩む必要なんてないじゃない! こうすればうまくいくはずよ」と、解決策まで自然に心に浮かんできますよ。