よく考えてみると、私たちは日常、半ば無意識にけっこうネガティブな言葉を口にしています。「やんなっちゃう」「困ったわ」「めんどうくさい」「たいへんなんだから」「ダメよ」「うまくいかない」「疲れた~」などね。今日そういった「不幸せ言葉」を自分で言わなかったかどうか振り返ってみると、これが思った以上にたくさん口にしていて、がくぜんとしますよ。

それが人間の弱さでもあるのですが、実はこうしたネガティブな「不幸せ言葉」が運気を悪い方向へと持って行ってしまう元にもなるのです。何故かというと「不幸せ言葉」を毎日繰り返していると、それがいつの間にか潜在意識に入り込み、運気をダウンさせてしまうのですよね。潜在意識というのは明るく幸せな思いをインプットすれば、幸運を引き寄せ、逆に暗いイライラした思いをインプットすると、不幸を引き寄せてしまう働きがあるからです。つまり、自分自身で無意識に幸も不幸もつくりだしているというわけなのです。

ですから、今日からは、努めて明るく楽しい言葉を言うように心がけましょう。そう、一日に10回以上は「幸せ言葉」を言うほうがいいですね。でも、そんなに難しく考えないで大丈夫ですよ。例えば、「幸せ!」「嬉しい!」「楽しい!」「ステキ!」「すごくいいじゃない!?」「うまくいくわよ」「元気よ」「ありがとう」こんな感じで良いのです。

「不幸せ言葉」の習慣がついてしまっている場合は、こんなきわめて簡単な「幸せ言葉」でさえ、初めのうちは使うのがたいへんかもしれません。でも、これはまさに習慣なのです。つとめて「幸せ言葉」を言っているうちに、それが自然に口をついて出てくるようになり、やがて本当に「幸せ!」と心から思えるようになります。かくいう私もこうした「幸せ言葉」を数多く口にするようになってから、運がどんどんツイてきたのです。