今日はいつもとはちょっと変えて、顔相とメークの観点から「幸せの法則」のお話をしましょう。人間の顔の中で、愛情を表すポイントはいくつかありますが、たいへん重要なのが「唇」です。なぜなら、上唇は「自分が相手に与える愛情」を、下唇は「相手から受ける愛情」を表しているからです。ですから、上唇が下唇に比べて厚い人は情熱家で、「愛されるより、愛したい」タイプ。逆に上唇が薄く、下唇のほうが厚い人は、自分から情熱的に迫る人ではなく、「愛するより、愛されたい」タイプと言えますね。

したがって、最も愛情運が良いのは、上唇と下唇にほどよい厚みがあって、上下の厚みにあまり差がなく、輪郭がきれいで、全体的にふっくらとした唇です。こういう人は、まさに、愛し愛され、幸せな恋愛や結婚に恵まれる人と言えますよ。「でも私……そんな理想的な唇じゃないし~」なんて、ガッカリしないでくださいね。女性には、メークというすごい武器があるのですから、いくらでも理想の唇に近づけることができるのです。

では、その「愛を呼ぶリップメーク」のテクニックをお話ししましょう。まず、リップペンシルで、唇の輪郭をきれいに描きます。この唇の輪郭って、おろそかに出来ないのですよ。統計的に輪郭がきれいな人は、運が強いのです。特に上唇の山形はしっかり描いてくださいね。唇が薄い方は、実際の唇より厚く描くようにしましょう。次に、リップブラシで丁寧に口紅を塗ります。口紅の色は、ほんのりピンクがかった色がいいですね。ピンクは愛を招くカラーなのです。

仕上げには、ピンクのリップグロスを上下の唇の中央に塗ります。グロスはラメやパールが入った光るタイプのものを選びましょう。ただし、唇全体にグロスを塗らないようにね。見た目がギラギラとして良くないだけではなく、グロスで唇の中央にちょこっと光を集めることが、愛情運アップのポイントでもあるのです。

とても簡単でしょう? 愛に恵まれないあなたなら、できるだけ毎日、この方法でリップメークしてくださいね。続けているうちに、きっとステキな愛に恵まれますよ。私自身も欠かさずにしているリップメークです。