生きていくというのはなかなか大変なものですね。喜びや楽しみも多いのですが、何かと不安や心配が襲ってきます。そして、不安や心配の種になっていた問題が片付いてホッとしたかと思うと、またしばらくすると新たな心配事が起こってくる……その繰り返しです。人によっては、それがひどい悩みとなって、しまいにはネガティブな考え方しか出来なくなることもあります。

私もかつて、不安や心配に心がさいなまれた経験があります。でも、そうしたことを繰り返すうちに、不安や心配事で心を悩ませるのは、全く無駄なことであるばかりか、害毒になるということに気づいたのです。悩めば悩むほど、ネガティブスパイラルにすっぽりはまりこみ、運気が悪くなって、幸運からどんどん遠ざかってしまうんですね。そう、今まで何度かお話ししているように、ネガティブな考えが潜在意識に入り込み、自ら不幸をつくりだしてしまうわけです。

私はこのことに気づいてから、不安に思ったり、心配したりするのは、きっぱりやめました。そうはいってもたまに、ちょっとした不安や心配が頭をもたげてくることがあります。でも、そんなときは即座に「心配や不安は天にお預けしましょう」と自分に言って、その場で心配や不安を頭の中から追い払い、天にお預けしています。

私は特定の宗教を信仰してはいませんが、自分を守り導いてくれる目に見えない存在が確かにあると信じています。ですから、そうした存在……つまり天に、心配や不安はお預けして、その代わりに、今、自分が出来る努力を精一杯するように心がけています。そうするようになってから、不思議に物事がスムーズにいくようになり、たとえ困るような問題が起こっても、じきに解決するようになったのです。