幸せの法則の15回目で私は、「願いをかけるときは肩の力をぬいて、気楽に願うこと。もう願いが叶った状態を明るく想像しながら願うと叶いやすい」というお話をしました。でも、実はこれにさらにプラスすると良いテクニックがあるのです。「ハイテクニック」だなんで、私はひそかに思っているのですが、そんなに難しいことではありません。

その方法は、ちょっとだけ「瞑想」をするのです。肩の力をぬいてから目をつぶり、頭の中を空白の状態にするのですよね。言葉で表現するのが難しいのですが、まるで空気の中に自分がとけ込んでいくような感じで……何も思わず天に身をゆだねる状態に自分自身をもっていくんですね。でも、そんなに長い時間、これを行う必要はありませんよ。30秒~1分くらいでじゅうぶんです。この短い瞑想をした後、素直な気持ちで明るく楽しく願い事をしてください。もう、願いが叶ったつもりになって、幸せにしているご自分を想像しながらね。

願いが叶う時期は個人差があり、願い事の種類によってはかなり時間がかかる場合もあります。でも、このテクニックを身につけて願い、自分で出来る限りの努力をすれば、いずれ必ず、あなたの願いは叶いますよ。