前回(第29回)、願いをかけるときのハイテクニックについてお話ししました。今回はその後のお話しです。あなたは願いをかけた後、どうしますか? え!?願いが叶うように精一杯の努力をする? もちろん、それは欠かせない大切なことですよね。でも、もうひとつ必ずしてほしいことがあります。

それは、毎日繰り返し「願い叶った自分を」を想像することです。「想像する」といっても、あまり大げさに考えないでくださいね。毎日、折に触れ、かけた願い事を思い出し、それが叶って幸せにしている自分を想像すればいいのです。
1回につけ何分間想像しなければならないといった、時間的な決まり事はありません。ほんの数秒でも、いっこうにかまいませんよ。大切なのは、その願いは完全に叶うと心から信じ、飽きずに繰り返すことなのです。そうすることで、あなたの明るく幸せな想いが潜在意識にしっかり刻み込まれ、やがて必ず願いが叶う日がやってきます。これは私も何度も体験していますよ。

ただ、願いが叶うまでに、かなりの時間がかかる場合があります。人間は弱いですから、そうなるとつい「願いが叶わないかも……」という疑問というか、半分あきらめの気持ちがムクムクと頭をもたげてきます。これは一番良くないこと。あなたの目にはまだ見えませんが、実は潜在意識の作用ですでに、願いが叶う方向へと運気が少しずつ動き始めているのです。その動きをストップさせ、願いが叶わない方向へと逆送させてしまうことになります。ですから、そのようなネガティブな気持ちが起こってきたら、「たんに時間がかかっているだけだから、心配する必要なし! 願いは必ず叶う!」とすぐに考え直してくださいね。そして再び、願いが叶って幸せいっぱいの自分を、繰り返し想像するようにしましょう。それがヒケツですよ。