あなたは何かでミスをしてしまったとき、どうしますか? もちろん自分の非を認めて謝る? そのミスのせいで人に迷惑がかかったのなら、当然それは真っ先にしなければいけないことですよね。でも、ここで問題なのは、その後のことです。それがどんなミスであっても、いつまでもそのことが気にかかって、クヨクヨし続けたり、自分を責め続けたりはしていないでしょうか。「こんなミス、他の人だったら、絶対にしないわ」「私ってどうしてこう、ダメなんだろう」「つくづく自分に愛想が尽きる」などと……。反省はもちろん必要なこと。ミスと真摯に向き合い、原因を突き止めて、二度とそのようなことがないように気をつけることも大切です。でも、ミスを繰り返し思い出してはクヨクヨするのは、精神衛生上良くないだけでなく、幸せになりにくい自分をつくりだしてしまいます。

ですから、もしあなたがいつまでもクヨクヨ悩むタイプだったら、それはもうやめましょう。まず、しっかり反省したら、後は割り切ってしまいましょう。実際、ミスをしない人間なんて、世の中に存在しないのですもの。それに、ミスをすることが結果的に良い勉強になって、人間的に成長できるという側面もあるのですから。「こんなミスをしてしまったけど、私はひとつ利口になったわ。同じようなミスは二度としないはずよ」と、明るく考えてくださいね。

とにかくミスをしたら、そのショックから一刻も早く立ち直って、前を向いて歩き出しましょう。やり直しのきかない人生なんて、乗り越えられない困難なんて実際ないのです。それがどんなにショックなミスであっても、必ず解決策が見つかって、希望の光が見えてきますよ。