あなたはご自分自身を愛していますか? 何故、こんなことを唐突にお訊きするかというと、「自分を愛せない」「自分が好きになれない」とおっしゃる方がけっこういらっしゃるからなんですね。そういう方にどうしてご自分を愛せないのか伺うと、「顔立ちが嫌い」「スタイルが悪い」「頭が良くない」「性格のこういうところが嫌い」といた理由をあれこれと並べられます。そう、ご自分の悪いところばかりを見てしまっているのですよね。

自己愛が強すぎるのは問題ですが、自分を愛せないというのも、とても良くないこと。実はそうした思いでいると、不幸を呼んでしまうのです。ですから、ここでちょっと冷静になって、なるべく客観的にご自分の良い点を考えてみましょう。出来れば、ノートなどに書き出してみるといいですね。必ず良いところが見つかるはずですよ。

また、自分以外の人からの視点も、とても大切。ご家族や身近な人に、ご自分の良いところ、チャームポイントなどを訊ねて、それを書き加えるのもいいことですよ。自分では嫌いだったり、欠点だと思いこんでいたところが、他の人の目には、ぜんぜん気にならないことだったり、かえって魅力的に映っていることなどを知ってビックリするでしょう。

このように、自分の良い点をあれこれ考えて書き出してみると、自分はそんなに悪くない、嫌うべき人間ではないということに、必ず気づくはずです。そして、それがきっかけになって、少しずつ気分も明るく、自信が持てるようになり、良い運も舞い込むようになるのです。