世の中にはネガティブな考え方をする人が多いもの。いくらあなたがポジティブに頑張ろうとしていても、そのそばから悲観的な意見やアドバイスをする人がいます。特に親や家族などは心配のあまり、「そんな夢を追っても無理よ。もっと現実を見て、堅実に!」とか、「あなたに出来るわけがないじゃない!」などと言ったりします。そうした意見に耳を傾けていると、次第にあなたの前向きな気分もそがれて悲観的になり、しまいには、せっかくの夢を捨てることにもなりかねません。

では、そうした場合はどうすればいいのでしょうか。いくら気分がそがれるからといって、頭からその意見を聞き入れないというのは、私は賛成できないのです。何故なら、そうした意見に一理ある場合があるからです。ですからまず、意見やアドバイスにはよく耳を傾けて、ご自分でもう一度、自分の夢や、これからチャレンジしようとしていることを冷静に、しっかり検討してみましょう。その夢は自分にとって本当にかけがえのない夢なのか。「運良く叶ったらいいなあ……」ぐらいの、ボンヤリ想い描いている夢ではないか。夢を叶えるためには、どんな困難も乗り越える覚悟があるか。途中で投げ出すことなく、努力を続けられるか。具体的な計画を持っているか。これらのことを自分自身に厳しく問い正してみましょう。そう、自分をちょっと突き放して検討してみるのね。

その結果、ご自分で「何があってもやり遂げる」という確信が持てたら、後はもう、そうしたネガティブな意見を気にする必要はありません。夢に向かって突き進むのみですよ。ただし、あなたを心配している家族には、あなたの覚悟のほどをきちんと説明したうえで……ネ。

関連タグ: