どんなに強気な人でも、人間である以上、弱さを持っているもの。あなたは、たまに急に悲しくなったり、自分が不幸に思えてくることはありませんか? そう、よく考えてみれば、そんなに大きな理由がないのに、自分自身がみじめになってくるのね。そういうとき、あなたはどうしますか? 楽しいことや好きなことをして、気分転換する? それはいいことですね。自分自身の気分を積極的に変えてあげることで、この程度の暗い気持ちなら、簡単に消えてしまいます。こうした際の気分転換に、とても良い方法がありますよ。

私の友人に、この気分転換がとても上手な人がいます。彼女は悲しくなったり、不幸な気分になったりすると、自転車を走らせるのだそうです。風を切るように、2、30分走ると、いつの間にか心が軽くなるとのこと。「ついでにカフェに立ち寄って、ひとりでティータイムすることもあるのよ。もう、それでスッキリ!」と彼女は話していました。

体や心に快適なスピードを与えることは、確かに良い気分転換になります。少々の悲しい、イヤな気分などは吹き飛ばしてくれるのですよね。何も自転車でなくても、軽くジョギングや早足で歩いても効果的。体に快いと感じるスピードをつくり出せばいいのです。ただし、歩いたり走ったりしている間中、悲しいことや辛いことを考えていてはダメですよ。そのことは意識的に忘れ、以前にもお話ししているように天に預けて、周りの景色を楽しみながらスピードに乗って……ネ! 大切なことは、不幸な気分が起こってきたとき、それを大きくしないように、小さな芽のうちに摘み取ってしまうこと。それが幸せな気分を持続させるコツとも言えますよ。