このシリーズの第8回目で私は「イライラしたら、深い呼吸を取り戻して」というお話しをしました。どういうことか、ちょっと思いだしてみましょう。イライラしているときには生理的に呼吸が浅くなるので、イライラを追い出す気持ちで息を吐ききり、穏やかなエネルギーが体に入ってくることをイメージして、息をゆっくり深く吸いこむと良いという話でした。何となくイライラするという程度のことなら、これでじゅうぶんおさまります。でも、深呼吸ではおさまらない、長く続いたり、しょっちゅう襲ってくるイライラもあります。そのときはどうすればよいか、今回はそのことをお話ししましょう。

このようにイライラがどうしてもおさまらないときは、何らかのはっきりした原因があるはずです。冷静に、客観的に自分自身と向き合って、何が原因なのかを見極めることが必要なんですね。仕事のことか、人間関係か、体の不調から来るものか、それとも恋愛に関してか……よく考えれば、必ず思い当たる原因がありますよ。その原因を自分でしっかりつかんだら、あとはその原因を取り除いたり、解決するように積極的に動くようにしましょう。

一番良くないのは、「ああ、これが原因なのね」と自分で分かったのに、「だからもうイライラするのよ、ああイライラする、イライラする……」と心に繰り返すばかりで、何もしないことです。これではイライラがひどくなるばかりですよ。それでは、レジャーを楽しんだり、思いきりグルメするなど、好きなことをして気分転換すればどうでしょうか。でも実は、これは中途半端な解決法です。一時的にはイライラはおさまりますが、原因を除く努力をしない限り、しばらくするとまた、イライラが始まってしまうんですね。

ですからもし、あなたが今、イライラに悩まされているなら、ぜひその原因を究明し、それを取り除くために勇気を出して、前向きに行動しましょう。実際に行動し始めると、不思議に良い知恵がわいて、希望も持てるようになります。そして、必ず問題が解決して、これがきっかけで精神的にも成長できますよ。