あなたの身の回りに「○○のことだったら、△△さんに訊こう」と皆に言われるくらいに、ひとつのことに精通している人はいませんか? そう、一人や二人はそれに当てはまるような人がいますよね。例えば、たいへんなグルメで、安くて美味しいレストランならその人に訊けばオーケーとか、地図や乗り物に詳しいので、所用などで外出する際に助かるとか、美容やコスメに関することならすごい情報通とか、漢字に詳しく、どんな漢字も読めるので役立つ……などね。

何故こんなことをお話しするかというと、あなたにもぜひ、このように「物事に精通している人」になっていただきたいからです。といっても、何でもかんでも知っているような物知り博士になる必要はないのですよ。何かひとつのことでいいですから、そのことに関しては誰にも負けないほど詳しいというものをつくっていただきたいのです。もちろん、詳しくなるのは、ご自分にとって一番関心があることでかまいません。興味はないことなのに、無理に詳しくなろうとする必要はないのですよね。

では何故、物事に精通することが必要かというと、誰よりも詳しいことを持つことで、自然に自信がついてくるんですね。あなたが「○○に詳しい」と周りの人に認識されると、人はそれが必要なときに必ずあなたを頼ってきます。誰の心にも人の役に立ちたいという思いがありますから、人から信頼され、ものを訊ねられるのは、とても気持ちの良いことです。「私は人の役に立っている」と確信することで、勇気と自信がわいてくるのです。また、詳しいものをつくることで、人とのコミュニケーションが円滑になるとも言えますね。特に人に対して気後れしやすい方は、このことがきっかけで、対等に意見が言えるようにもなりますよ。そして、次第に幸運を呼び込む幸せ体質へと変わっていくはずです。