2、3週間前に、ある40代の女性から私のホームページに、次のような内容のメールが届きました。その方は、しょっちゅうイヤな夢や怖い夢を見て、眠るのが怖くなってしまったとのこと。何か「いい夢が見られるおまじない」はないかとのことでした。実はこれに似た内容のご相談は、他の女性から、もっと以前にいただいたことがあります。その際、案外、こうした悩みを持つ方は多いのではないかと思い、「幸せの法則第61回 悪い夢を見ない方法」でお話ししました。それがまたしても同じご相談が! でも、同じとは言っても今回は「いい夢が見られるおまじない」がご希望でしたので、再びこのページに書かせていただくことにしました。

今回の方には私はこのようなことをメールでお教えしました。ひとつは、以前のご相談の方にお教えしたのと同じ方法。「幸せの法則第2回 ベッドに入ったら楽しい想像を」でお話しし内容ですので、憶えてくださっている方もいらっしゃるかもしれませんね。念のためちょっと復習しますと、ベッドに入ったらその日に起きたイヤなことや不安、心配、怒りなどのネガティブなことはいっさい頭から追い払い、楽しいことを思い出したり、想像しながら眠りましょうというお話です。このようなネガティブな感情を抱いたまま眠りに入ると、その感情が潜在意識に入りこみ、運気が悪い方向へと動いてしまい、大変なマイナスなんですね。でも実は、それだけではありません。これがイヤな夢や悪い夢を見る一因にもなってしまうのです。

もうひとつ、「いい夢が見られるおまじない」として、次のような歌をお教えしました。
 
 長きよの とをのねふりの 皆めさめ 
波のり船の 音のよきかな 

これは日本に古くから伝わる「いい夢を見る」とされる歌で、上から読んでも、下から読んでも同じ歌になります。面白いでしょう? この歌を呪文のようにゆっくりと、好きな回数だけ唱えてから眠ると、効果があると伝えられているのです。

ところで、昨日、その方から嬉しいメールが届きました。私がお話しした二つのことを毎日、実行したところ、何だか気持ちがラクになって、じきにイヤな夢や怖い夢を見なくなったとのことです。そしてついに、とても楽しい夢を見ることができたそうです。潜在意識が良い働きをしてくれたんですね。