本当は優しさも気の弱さも持っているのに、どうも「きつい女性」に見られがちで……と、悩んでいる方はいらっしゃいませんか? 今回はそんな方のためのメークのお話です。

まず、眉からいきましょう。眉はやや細めに描くほうがいいですね。人相学においては、なだらかな弧を描くような眉は、性格的に優しく、愛情運も良いとされているのです。かといって、眉を極端にまるくするのは、今の時代には合いませんよね。現在の眉より、やわらかなラインになるように、工夫してみてください。

次にアイライン。これをしっかり引くと、目元がきつく見えてしまう場合があります。目尻を跳ね上げるように引いてしまうとなおさらです。アイラインはごく控えめに、睫毛の間を埋めるように引きましょう。アイシャドーはピンクベージュなどの優しく、ほわっとした色合いのものを選んでくださいね。

睫毛は長さをアップさせるマスカラを使い、ビューラーでじゅうぶんにクルンとさせましょう。睫毛の根元から先端に向かって、8回くらいに分けてカールしていくと、
睫毛が愛らしいカーブを描いて上がりますよ。

次に大切なのはチークです。頬がほんのり桜色という感じにしましょう。決してシャープな感じにはチークを入れないようにしてくださいね。前回お話ししたように、鋭角的なチークは「できる女性」には見せてくれますが、優しさには、ほど遠い感じになってしまいます。ピンク系の優しい色合いのチークを、丸みをつけるようにしながら頬にのせましょう。

最後に唇ですが、ピンクベージュのリップライナーで唇の輪郭を描きましょう。ふっくらと丸みをつけて描いてくださいね。リップカラーはピンクベージュか、オレンジがかった甘い色合いがオススメです。くすんだ色合いのリップカラーはやめましょう。

メークはある意味、マジックです。メークが優しいムードに変わると、自然に心まで優しくなってくるんですね。思いやりにあふれた言葉もかけることができるようになりますよ。