人からイヤなことを言われたり、されたりすることは、必ずあるものですよね。それが何日も頭から離れず、不快な気分が続くこともあるでしょう。忘れたと思っても、フラッシュバックのように不快感がよみがえって……。私ももちろん、そういう経験があります。でも、不快感をいつまでも心に抱え込むのは一番良くないことなのですよね。それが潜在意識にまで入り込むと、せっかくの良い運をこわすことにもなりかねないからです。そこで、私は不快感が芽生えたら、次のような方法で、一刻も早く消し去るようにしています。

その方法は実に簡単。「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0、消えた!」と唱えてから、息を長く吐き出してお終いです。何だか子供だましみたいでしょう? でも、これがけっこう効き目があるのです。数字を逆に読み上げるのは、物事を消し去る効果があると、昔からされています。また、息を長く吐き出すことで、体の中に入ってしまった不快なエネルギーを追い出して、それ以前の状態に戻すんですね。

このおまじない、すでに数人の方にお教えしましたが、皆様、「けっこう気分がスッキリしますね」とおっしゃっています。その気になって唱えれば、あなたにもきっと効果があるはずですよ。コツは頭の中を無にするような感じで数字を唱えること。そう、「不愉快だ! 腹が立つ! 頭にくる!」などと思いながら唱えてはダメですよ。無心に唱えてから息を長く吐き出すようにしてみてくださいね。