●レコードキーパー・クォーツ

「こんなことってあるのかしら?」7、8年前のことです。取り寄せをお願いしていた水晶ポイントが手元に届いたとき、私は心の中で思わず驚きの声をあげていました。なんとそれは、めったに手に入らないと言われる「レコードキーパー・クォーツ」だったのです。

Stone_061225 では、この「レコードキーパー・クォーツ」という水晶とはどういう存在なのでしょうか? 写真のクォーツの7角形の面をよく観察してください。小さな三角形が浮き出るようにいくつも並んでいるのがお分かりいただけると思います。これこそが「レコードキーパー」の名が冠されたゆえんです。つまり、「レコード」=「記録」、「キーパー」=「保管(庫)」ですから、この水晶は何らかのデータが記録され、保管もされている石という意味なのです。今日的な例えで言えば、映像や音楽などが記録保管されたレーザーディスク、DVDディスク、あるいはコンピュータのハードディスクがそれに当たりますね。

レコードキーパー・クォーツはあの幻のアトランティス文明の知恵が刻まれた石とされています。そんなことは、たんなる言い伝え、伝説に過ぎないと言ってしまえばそれまでですが……。爪の先で三角形を上から下に向かってこすると、情報の扉が開き、アトランティス文明からのメッセージを受け取ることができる。また、逆に三角形を下から上にこすると、情報の扉が閉じるとも伝えられています。現代の人類も宇宙ロケットにメッセージを焼きこんだディスクを搭乗させたくらいですから、全面的に否定することもできないのですよね。

さて、この石が私のところにやってきた意味はなんだったのでしょう? 後から思い返すと、このレコードキーパー・クォーツを所有し始めてから、私の人生には、良くも悪しくも、「動き」というものが出てきました。人間関係も、仕事関係も、それまでになく活発になってきました。当然、喜ばしいこともあれば、辛く悲しいこともありました。でも、不思議なことに、結果はことごとく良い方向へと動き始めたのです。

「なるほど」と私は思いました。レコードキーパー・クォーツには、それを持つ人に「自己を知る英知」を授けてくれる優れたパワーがあるとされています。つまり、もし、あなたがこの石を手にしたら、あなたの中にある、良いもの、悪いものなど、すべてを確認することができるようになるはずです。その上で、自分にとって何がベストかをよく考え、マイナスは整理し、プラスを伸ばすという賢明な選択ができるようになるでしょう。そのお陰で、あなたの将来の進路は自然と良い方向へと開けていきます。そう、あなたの運気は、きっと波に乗り始めて、今までとは違った活力にあふれ、充実感と幸福感に満たされた日々が送れるようになりますよ。