では、パワーストーンとしてのタイガーアイをもう少し詳細に検証してみましょう。言い伝えからご紹介しますと、古代エジプトでは神々の彫像の目にこの石を使用したと言われています。まさにこの石が神々のすべてを見抜く目にふさわしい石であることを古代エジプト人たちは知っていたのですね。その後も、ローマ人たちの間では霊力を高める石として大切にされ、お守り石(護符)としても珍重されていました。

一方、シャーマンと呼ばれる人や、クリスタルヒーラーたちの間でもこの石は大切にされきました。この石を眉間の位置にあるとされる「第三の目」に当てて瞑想すると、透視能力や予知能力が高まるというのです。つまりタイガーアイは古今東西、「広い視野から物事の本質を見抜く洞察力」を授けてくれる石とされているのですね。こうした「見抜く力」が高まると、「最良の決断」が可能となり、物事の成功が促進されます。特にタイガーアイには、仕事運、金運といったビジネス面での効用がありますから、新しく事業を興される方には最適なパワーストーンと言えますね。

Stone_070326 実は私の経験の中でも、新しい商売を始められたり、会社を興された方が、その決断をされるしばらく前にタイガーアイに出会い、何となく身につけていたというケースが少なくないのです。これは、本人の目的意識がまだ判然としない段階で、ふとしたきっかけから特定のパワーストーンに心を惹かれ、身につけたという典型ですね。もし将来、あなたが何となくタイガーアイが気になり、ブレスレットなどを身につけるようになったとしたら、あなたの意識下ではきっと新しいビジネスへの取り組みが始まっているはずですよ。またもし、すでに新事業を興そうと計画をされているなら、タイガーアイを「事業成功の護符」として身につけたり、身近に置かれるのもいいですね。

ところで、この石のパワーは「虎」という動物が持つパワーと関連づけて、解説されることがしばしばあります。例えば「虎は千里行って、千里帰る」、「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」と言った格言を引用。虎は冷静沈着に目的を達成する動物であるから、タイガーアイにも同様のパワーが宿っているという考え方をする場合があります。また、他にも興味深いものとして、中国の四神思想とタイガーアイを結びつけたものがあります。虎は「青龍(せいりゅう)」、朱雀(すざく)」、「玄武(げんぶ)」と並んで「白虎(びゃっこ)」という神獣として登場するほどだから、この石にも同様のパワーがあるというのです。

ただ私は、「タイガーアイ」という名称の関連づけからのみ「虎」のもつ特徴とこの石を同一視することは、ちょっとどうかな?と思っています。パワーストーンの本質を離れ、単なる連想ゲームの世界に終始してしまうような気がするからです。