Stone_080108写真をご覧ください。「チャロアイト」はバイオレットを基調に、白と黒の絵の具を静かな水面に流したような幻想的な模様を呈しています。ところが、この模様に大きな意味があるようです。たとえば、この模様をじっと見つめていると、いままで自分では気づかなかった心の奥に隠れていた恐怖心やコンプレックスが、浮かび上がってくるのだと言うのです。心理学で使われる「ロールシャッハテスト(左右対象の抽象模様を用いた連想テスト)」と同じような作用があるのかもしれませんね。でも、チャロアイトはたんに恐怖心やコンプレックスを浮かび上がらせるだけではありません。そういった心の奥に潜む辛い感情を取り除いて、ポジティブな生き方に変化させてくれると言われているのです。

それでは、いままで気づかなかった恐怖心やコンプレックスとは一体どういうものなのでしょうか? 「いままで気づいていない」ということは「身に覚えのない」と言い換えることもできますよね。すなわち、あなたの記憶にはない意識下の記憶のことを指しています。潜在意識に眠るネガティブなエネルギーのことです。では、このおぞましい記憶はどこからやってきたのでしょうか? それはあなたの肉体がこの世に誕生するそれ以前の過去世からのものです。いわゆる「カルマ」としてあなたに受け継がれた心のキズなのです。

でも、「カルマなんて信じられない!」という方がほとんどでしょう。科学的に立証できる世界ではありませんから、無理に信じる必要もありませんし、チャロアイトの効用を限定する必要もありません。ただ、チャロアイトは、これほどスピリチュアルな世界と通じている石であると言えますね。「チャロアイト」が「ラリマー」、「スギライト」とならぶ、三大ヒーリングストーンの一つとも言われるゆえんでもあるのです。

ここでさらに興味深いことがあります。この三大ヒーリングストーンは、いつ頃発見された石であると思われますか? 鉱物の世界は太古から続くたいへん長い歴史を持っています。ところが、この三つの石はきわめて近年に発見されているのです。なんと「ラリマー」が1976年に、「スギライト」が1977年に、そして「チャロアライト」が1978年の発見ですから、たった1年単位の違いで、次々に見つかっているのですよね。これは偶然ではなく、三つの石たちが、この時期に人間に何らかのメッセージを伝える必要があって、姿を現したのではないかとさえ私には思えます。

では最後に、もう少し気楽にこの石のパワーを解説しておきましょう。前述のように、この石があなたの手元にやってきたときは、あなたの心深くにくすぶっているネガティブなエネルギーのリセットが必要という暗示です。ですから、素直にこの石とお友達になりましょう。知らず知らずのうちに、あなたに変化が現れてくるはずです。きっと、「自分でも信じられない!」と思うほどに明るく自信に満ちたあなたに変わっていますよ。後で思い返せば、この石と出会ったときが、あなたの人生の転機だったということになると思います。生まれ変わった新しい自分をぜひ発見してくださいね。