【ポップな心霊論】「呪いの置き物を大切にしていたら性質が変わって…」

投稿日:2022/04/17 15:50 更新日:2022/04/17 15:50
【ポップな心霊論】「呪いの置き物を大切にしていたら性質が変わって…」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”芸人・シークエンスはやとも。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【持つ人を不幸にする猫の置き物を霊視してきました】

 

前回紹介した、持つ人を不幸にする猫の置き物ですが、現在の持ち主である早瀬さんに依頼されて霊視をしてきました。

 

ご自宅に伺ったんですが、早瀬さんは呪物コレクターなので、かなりヤバいものがたくさんあるんですよ。

 

それでも、猫の置き物の禍々しさは群を抜いていましたね。

 

ものすごい敵意を感じたので、早瀬さんにはかなり危険なものだと伝えました。

 

後日、その様子を僕のYouTubeチャンネルにアップしたところ、視聴者の方々から「猫の鳴き声が聞こえる」というコメントが殺到したんです。

 

そこで改めて動画を見てみると、たしかに猫の鳴き声が聞こえるんですよ。

 

でも僕が編集しているときは、そんな音は絶対に入ってなかったんです。

 

きっと、あの置き物の鳴き声なんでしょうけど、僕ちょっと不思議に感じたんですよね。

 

だって、早瀬さんの奥さんが怪奇現象にあったときは、猫じゃなくて男の声が聞こえたわけですから。

 

ただ、早瀬さんって、この置き物をまるで本物の猫みたいに扱ってるんですよ。なでてあげたり、水を口元につけてあげたり。

 

もしかしたらそのおかげで呪いの性質が変わって、だんだん猫っぽくなってきてるのかもしれません(笑)。

 

【PROFILE】

シークエンスはやとも

1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

ちらの記事もおすすめ

カテゴリー