image

「あいつがZOOのメンバーだったなんて全然知らなかったよ。顔もさらして、いつもどおり買いに来ていたのに。テレビであいつが逮捕されたというニュースを見たときは驚いた。すぐに売人仲間から、警察には気をつけるよう連絡がきたよ」

 

本誌が取材した覚醒剤の密売人は、驚いた表情でそう語った。

 

’91年に『Choo Choo TRAIN』が大ヒットし、EXILEのHIROなども所属していたダンスボーカルグループのZOO。その元メンバー、CAPこと坂井俊浩容疑者(46)が麻薬特例法違反(譲り受け)容疑で警視庁に逮捕された。先に逮捕された別の密売人が、昨年12月に新宿区歌舞伎町のホテルで覚醒剤1グラムを3万円で売ったと供述したことで発覚した。

 

「3年ほど前に、売人グループの仲間からお客の電話番号が登録されている携帯電話をもらった。そのときにはあいつの番号はすでに登録されていたから、少なくとも3年前からシャブを買っていたはずだ」(前出・密売人)

 

その携帯で坂井容疑者の電話番号は「天現寺」という名で登録されていた。クスリの受け渡し場所が登録名。本人の自宅のすぐ近くだ。

 

「あいつから電話で『いつものお願いします』と言ってくる。こちらから『じゃあ○時ごろ』と時間を指定する。買うのはいつも1パケ(1グラム)。電話での会話はそれで十分だった。こっちは車で運ぶ。首都高の天現寺出口を降りてすぐの歩道上にあいつが立っている。そこに車を横付け。お菓子の箱に入れてコンビニの袋に包んで渡していた」

 

金額は1グラム3万2,000円だったという。本誌の取材によると、昨年逮捕されたASKAの場合は1グラム7万円だった。

 

「芸能人なら倍の値段で売れるけど、おれらはあいつが芸能人だったなんてまったく知らなかったから、一般人と同じ値段で売っていた」

 

売人はだいたい1グラム1万円で仕入れるという。坂井容疑者が芸能人だとわかっていれば、仕入れ値の7倍で売れたと、密売人は悔しがった。

 

「あいつに最後にクスリを売ったのは、今年1月のこと。1月に2回売って以降連絡はこなかった。でも、いいお得意さんでした」

 

坂井容疑者は明らかなシャブ常習者だったといえるようだ。

 

7月4日、日本テレビ系で生放送された音楽番組『THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。』でZOOは一夜限りの再結成を果たした。そこで坂井容疑者は、司会の進行を遮って、30秒近くもZOOへの思いを一方的にまくし立てた。あまりに唐突な独演ぶりは、薬物の影響が疑われている。

 

HIROなども加えたZOOの完全復活を望んでいた坂井容疑者。自らの過ちがその道を閉ざしてしまった。

 

(週刊FLASH7月28日号)