「私が彼を死に追いやった。自分自身がわかっていない愚かさに気づいた」

 

大阪府立桜宮高校のバスケットボール部主将だった男子生徒が体罰を苦に自殺した事件で、3月4日、顧問だった元教諭がNHKの報道番組に出演し、涙を浮かべながら初めて公式に謝罪した。そして、皮肉にも生徒が自殺した直後の昨年12月26日、京都市の京都スポーツ殿堂入りを果たしていたのが元教諭の義理の父、山口良治氏だった。

 

山口氏といえば、当時無名の伏見工業高校ラグビー部を’81年に全国大会で初優勝に導き、TBS人気ドラマ『スクール☆ウォーズ』のモデルとなった人物だ。以来、”泣き虫先生”として講演で全国を飛び回り、京都市のスポーツ政策監などを務めてきた。だが、その山口氏のスポーツ殿堂入りを疑問視する声がある。元同僚教師を取材した京都のジャーナリストが語る。

 

「山口氏は部員をいじめた上級生を学校に呼び出し、殴りつけるなどの体罰事件を引き起こしている。さらに女子生徒を膝の上にのせ、制服の中に手を入れて1時間も触りつづけるという破廉恥なことまでやっている。いずれも職員会議などで問題になり、女子生徒の母親には土下座までして泣いて謝っている。20年前とはいえ、なぜそんな人物が殿堂入りするのか。カネや女のことでもとかく評判のあった人だ」

 

あるラグビー関係者も、山口氏の派手な飲み方をよく覚えているという。

 

「請求書のほとんどを保護者などにつけまわしていた。自分で払ったところを見たことがないです。泣きながら殴ることから泣き虫先生といわれていたけど、どこか計算している感じでしたね」

 

山口氏の”身体検査”はどうだったのか。殿堂入りを担当する京都市の市民スポーツ振興会は「(10日の)京都マラソンの準備で忙しい。回答拒否でもいい」とにべもない。まるでそのことには触れてほしくないようだ。父子揃って体罰教師の御難である。

 

(週刊FLASH 3月26日号)