「今度、日テレの偉い人が来たら説教してやりたい!本当に無粋な人たちで発想自体が貧困。なんで日テレの方たちは“清廉ではない”銀座にわざわざ飲みに来ているのかしらね」

 

そう憤慨するのは、政財界のVIPをはじめ日テレの幹部クラスも通う銀座「クラブ由美」の伊藤由美ママだ。

 

学生時代の銀座ホステスバイト歴が“清廉ではない”と日本テレビアナウンサー職の内定を取り消された、東洋英和女学院大学4年生・笹崎里菜さん(22)。来春の日本テレビ入社を求める訴訟を東京地裁に起こし、14日に第1回口頭弁論がおこなわれた。

 

原告代理人の緒方延泰弁護士は、「なるべく円満にと、内密に事前折衝をした。だが、日本テレビさんは、たとえ裁判所が内定を認める仮処分をしても、従わない意向を示した。そのため、やむなく本訴に至った。なるべく来年4月までに結論を出してほしい」と話した。日テレ側は請求棄却を求めている。

 

笹崎さんは大学1年の’11年、「ミス東洋英和」に輝いた。彼女を知る芸能プロ関係者は次のように話す。

 

「雑誌『JJ』の読者モデルとしても活躍し、芸能プロからのオファーもあったが、なにより女子アナを夢見ていた。ただ東洋英和出身の女子アナは少なく、自分でも“難しいかな”と話していたが、頑張ったと思う。見た目は派手なタイプだが気さくで、メールの返信もきちんと返してくるいいコだ」

 

原告側の主張によると、笹崎さんは昨年9月2日に日テレ主催のセミナー「アナウンスフォーラム」に参加し、12日には今後他社への就職活動をしないことを条件に、アナウンサーに内定した。

 

だが、今年3月に事態が急変。「母の知り合いが経営する銀座の小さなクラブで短期間のアルバイトをした」という経験を明かすと、局内で問題に。「アナウンサーに求められる極めて高度の清廉性に相応しくない」という理由で、5月に内定を取り消されたのだ。

 

笹崎さんに正式な【採用内定取消通知書】が送付されてきた5月28日の段階では、キー局のアナウンサー試験はすべて終わっていた。一人の女子大生の純粋な夢は、日テレ側の《ホステス経験者は清廉ではない》という身勝手な論理に振り回され、泡と消えたのだ。前出の由美ママはこう語る。

 

「銀座は癒やしを提供している社交の場。若いコは年上のお客様相手に気を遣い、行儀、礼儀作法を身につけ、話題が豊富になるように勉強する。学校や家庭では教えてくれないことを、経験しながら学んでいます。ぜひ笹崎さんにはウチの店に来てもらいたいわ。銀座のクラブ総出で応援してあげるわよ!」

 

次回の弁論は来年の1月15日。笹崎さんの背中には、銀座ママたちの熱い声援の追い風が吹く。

 

(週刊FLASH12月 2日号)