image

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と発します」

 

ご存じ寅さんの口上である。じつはこれ、「メンツウ」や「仁義」といわれる、テキヤの世界の挨拶なのだ。ヤクザには大きく3つの分類があり、そのひとつが「テキヤ」だという。ならば、寅さんや、縁日の屋台はヤクザなのか。終戦後の闇市「新宿マーケット」で当時働き、現在は吉祥寺ハモニカ横丁を取りまとめる水野秀吉氏に聞いた。

 

「新宿マーケットを取り仕切っていた、関東尾津組組長・尾津喜之助さんもテキヤだった。尾津さんがいた全日本飯島連合会は日本最大のテキヤ組織だったからね。でも、GHQは尾津さんのことを、ヤクザとは違う、香具師の流れをくんだ組織だと認識していた。だから、露天商組織をつくるのも許可したんだ」

 

テキヤとヤクザが近しいことはたしかだ。親分子分制のうえに一家や組を形成し、代紋意識もあり、「侠商(任侠道に生きる商人)」とも呼ばれる。現役のテキヤ・西村太吉氏も取材に応じてくれた。西村氏は東京街商協同組合の前事業部長で、松坂屋一家五代目。子供のころは空中ブランコに乗っていた、根っからの興行師だ。

 

「あたしらの稼業には『興行』と『ジンバイ』ってのがあって、興行ってのはお化け屋敷とか見世物小屋とか、人を集めて金をもらう商売。ジンバイってのは、人が集まる興行の軒先に、『ちょっと店を出させてください』と頼んで焼きそばを売ったりすること。当然ゴミ代や電気代、場所代を負担するんだけど、通りの向こうで“だんまり”でやって、金も払わないのがいる」

 

それを「コロビ」という。コロビはかつて、ヤクザと近い存在だった。しかし「今はジンバイもコロビも一緒になってやりましょうとなっている」。その理由はテキヤに対する逆風だ。商売がやりにくくなったと西村氏。

 

「弘前なんて、今から60年前にだよ、花見の十数日間で100万円の金が取れたんだ。今は4年か、5年にいっぺんしか割り当てがねえんだよ。昔はね、『ぜひ出店してください』といろんなところが頼みに来たんだ。ところが今は『いかがわしい』って(手を払いのけるしぐさ)これだから。で今度は見世物小屋で大蛇とか、動物を使った芸をやるだろう。すると、なんだか知んねえけど、いろんなヘンな動物愛護団体とか出てきて、それは虐待だとか言う。だから、大蛇も使えない。あたし、言ったの。じゃあね、まむし料理屋行ってみろって」

 

今、日本で興行師は実質4、5団体。そして’11年に全都道府県で施行された「暴力団排除条例」によって、テキヤは存亡の危機に立たされている。西村氏も「うちの“若い衆”も70近い。もってあと5年だろう」とつぶやく。

 

ヤクザ取材の第一人者、猪野健治氏は次のように語る。

 

「いまのテキヤのほとんどが三代目で、大半が大卒。しかしかつては、どんな前歴を持つ人間でも差別なく受け入れ、一人前に育て上げる包容力のある業界だった。それに、露店は庶民に愛された合法的な商売です。再起してほしい」

 

猪野氏によると、暴力団に指定されているテキヤは1団体だけだという。

 

(週刊FLASH11月10・17日号)

関連タグ: