image

東京・表参道。平日の午後1時前、ガラス張りの瀟洒(しょうしゃ)なビルから3人の男性が談笑しながら出てきた。

 

「今日の昼飯なんにする?」

 

そんな声が聞こえてきそうなのんびりした昼時。真ん中にいるのは、まぎれもない佐野研二郎氏(43)だった。

 

デニムのシャツとパンツにスニーカー。髪が若干伸びて少し太ったが、例の無精ひげも健在だ。

 

2015年7月、東京五輪のエンブレムが発表されるや、海外をも巻き込んだ「パクリ騒動」に発展する。

 

その後、佐野氏は公の場から姿を消し、一時は自殺説まで流れたことも。

 

4月から母校の多摩美術大学で教鞭を執るとの報道もあったが、それも立ち消えとなった。

 

同大の総務課によると、佐野氏自身から「一年間休職したい」と申し出があり、大学も受理したという。

 

 

住宅街の路地を歩くこと数分。大通りに出た3人はカレー専門店へ。表の看板に「マトンカレー800円」と大書きしてある。

 

約20分後、店を出てきたところで声をかけると笑顔で振り向く佐野氏。

 

だが、「FLASHです」と記者が身分を明かすと急に眉が曇った。

 

「取材は受けていないんです。すみません」

「マトンカレーを食べたんですか?」

「…はい」

 

消え入りそうな声で、それだけは答えたのだった。

 

(週刊FLASH 2016年3月29日号)