image

 

「とても痛い、とても痛い」

2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、そう言って倒れた金正男氏(享年45)。北朝鮮の故・金正日総書記の長男で、金正恩・朝鮮労働党委員長(34)の異母兄である。

 

彼は白昼堂々、搭乗手続き中に毒物攻撃を受け、暗殺された。これまでにベトナム国籍の女をはじめ、実行犯とみられる複数の人物が逮捕されたが、一部は依然、逃亡中だ。

 

かねてより北朝鮮の体制を批判していた正男氏は、’12年に北京で暗殺未遂事件に巻き込まれ、同年4月には正恩氏宛に「私と私の家族を助けてほしい」と命乞いの手紙を送っていた。それでも、正恩氏からの暗殺命令は継続していた。「コリア・レポート」編集長の辺真一氏は語る。

 

「現在3万人いる脱北者たちのなかに、海外で亡命政府を作り、正男氏をトップに据えようという一派がいたのです。さらに正恩氏は、米中が政権転覆を狙い、正男氏を自分の座にすげ替えるのでは、という被害妄想を抱いていました。正恩氏が脱北者の動きに過剰反応し、先手を打つ形で正男氏への暗殺指令を出していたのです」

 

暗殺の実行を指揮したのは、対南工作担当の人民軍偵察総局とされる。暗殺を含め、あの手この手で、命令を遂行する部局だ。元工作員だった青山健煕氏が、工作員の驚くべき訓練内容を明かす。

 

「大型車から小型車、オートバイまでいろんな種類の車の運転を学びます。逃げる練習もします。工作員は握手すると一発でわかりますよ。小指側の手の側面が岩のように固いから。工作員に合格するには、瓦を12枚割らないといけない。レンガだと4枚くらい。後頭部をその部分で空手チョップすると一発で相手は死んでしまいます。もちろん、女と寝る練習もしますよ」

 

女性工作員の場合は、色仕掛けで要人と関係を深め、情報を引き出すため、セックスの訓練が最重要とされたという。

 

「昔は指導役の女性が、ずらりと寝かせた工作員の女性器に、きゅうりをリズミカルに出し入れして、腰の使い方などを指南していました。なかには興奮してしまう女性もいて『相手を興奮させずに、お前が興奮してどうするんだ』と怒号が飛びました。場合によっては、ことの最中に後頭部の『ツボ』に毒針を刺し、殺すよう仕込まれます」

 

目的達成のためにはなりふり構わない、工作員の仕事ぶりが垣間見える。

(週刊FLASH 2017年3月7日号)

関連タグ: