image

 

3月25日、英国王室を揺るがす“大事件”があった――。ジョージ王子(3)がこの9月から、英国王室史上初となる男女共学プレスクールへ入学すると発表されたのだ。

 

英国のプレスクールといえば、いわゆる“中流家庭クラス”の子どもたちが通う学校として知られている。

 

「これまで王室の子息はみな、男子校へ進むのが伝統でした。にもかかわらず、両親のウィリアム王子(34)とキャサリン妃はあえて男女共学を選んだのです。これには当然、王室関係者がこぞって猛反対。それまでも最近の夫妻は『一般市民に媚びを売りすぎている』などのバッシングを受けていたといいます。そんななかでの“伝統破り”に、王室保守派の怒りをさらにあおってしまったようです」(王室関係者)

 

だがこの決断に、一般市民からは早くも支持する声があがっているようだ。ウィリアム王子夫妻がジョージ王子の進学先に選んだのは、ロンドン市内にある『トーマス・バタシー・スクール』。今回ジョージ王子が入学することが発表されるや、同じ年ごろの子どもを持つ親からの問い合わせが同校に殺到しているのだ。

 

「生徒数は4歳~13歳で約540人、学費は年間約85万円といわれています。教育理念は“相手を思いやる心を育てる”というもの。ウィリアム王子夫妻は、そうした温かい理念にとても共感したといいます。というのもウィリアム王子は幼いころ、母・ダイアナ元妃にマクドナルドへ連れて行ってもらったことがあった。そのことについて『ちゃんと行列に並んでね。チーズバーガーを食べた』と嬉しそうに漏らしていたことがあったそうです。伝統や格式に縛られることなく、一般国民と変わらない環境で子どもを育てたい。そんなダイアナ元妃の方針を、我が子の子育てにも受け継ごうとしているのでしょうね」(王室関係者)

 

厳格に王室のしきたりを守ることよりも、愛情あふれる家庭を築きたい。亡き母・ダイアナ元妃(享年36)の信念を胸に、ウィリアム王子夫妻はいま“王室革命”を起そうとしている――。

関連タグ: