4月19日午前、皇太子ご夫妻のオランダご訪問が、ついに閣議で了解された。

日程は4月28日から5月3日の4泊6日。

そのスケジュールのなかで現在、雅子さまの出席が予定されているのは4月30日のウィレム・アレクサンダー皇太子の新国王即位式とオランダ王室主催のレセプションだ。

 

閣議了解の5日前の4月14日、雅子さまは東京・目白の学習院キャンパスを訪問された。学習院関係者によれば、

「『オール学習院大合同演奏会』での皇太子さまと愛子さまの演奏をご覧になるためでした。

現地で話題になったのは、雅子さまが見違えるようにお痩せになっていたことです。頬のあたりも、かなりスッキリされていました」

 

実は1カ月ほど前から、ウォーキングやお食事の量を調整することで、ダイエットに励まれていたというのだ。

 

また雅子さまの長年の知人によれば、

「雅子さまは、もともと太りやすい体質なのです。しかし、とても生真面目でいらっしゃるので、重要な式典の前などには、体調だけではなくスタイルなどにも非常に気を使われます。11年ぶりの海外での“晴れ舞台”ということで、準備に励んでいらっしゃるのでしょう」

オランダからのご招待の打診があったのは3月初めのこと。正式決定まで1カ月半を要したが、雅子さまは着々と準備を進められてきたようだ。