image

 

日の出からまだ1時間も経っていない早朝6時、1台のタクシーが、小室圭さん(26)が住むマンションに停車した。降りしきる雨の中、運転手が傘を差しかけ出迎えたのは、小室さんの母・佳代さん(51)だった。

 

タクシーは10分ほど走行し、わざわざ最寄り駅よりも遠い駅へ。大きめのマスクをし、眼鏡をカチューシャのように髪の上にのせた佳代さんは、足早に改札へと向かっていった。4月下旬のある朝、本誌が目撃した佳代さんの“タクシー出勤”姿である。

 

「佳代さんは数年前から東京・目黒にある洋菓子店に勤務しています。元婚約者との金銭トラブルが報じられ、眞子さまと小室さんのご結婚延期という事態に発展したこともあり、しばらくパートを休んでいた佳代さんですが、出勤を再開したようですね」(皇室担当記者)

 

佳代さんは金銭トラブルについてマスコミから取材されることを相当警戒しているという。

 

「そのためなのか帰宅時にも駅から自宅までタクシーを使うことにしたそうです。時給1千数百円のパート勤務なのに、往復2千円のタクシー代はかなり痛いと思うのですが……」(前出・記者)

 

婚約者だった男性に何度も金銭の援助を求め、トラブルに発展していた佳代さん。いまだ元婚約者に連絡はないといい、トラブルは未解決のままだ。そんな佳代さんの金銭感覚に、以前から違和感を抱いていたと語るのは、皇室ジャーナリスト。

 

「死別した夫・敏勝さんの遺族年金があったとはいえ、パートでの収入と合わせても、月収は20万円を超える程度だったはず。小室さんの祖父・國光さんも含め3人で暮らすにはギリギリの収入です。それでも小室さんをインターナショナルスクールや、私立大学の中でも学費が高いICU(国際基督教大学)に通わせていたのは、小室さん自身の希望以上に、佳代さんの“見え”もあったのではないでしょうか。小室さんの幼少期も、真っ赤なアウディで幼稚園の送り迎えをしたり、両親を『お父さま、お母さま』と呼ぶようにしつけたりと、昔から佳代さんは上流階級への憧れがとても強かったのです。元婚約者の男性に借金を繰り返してしまったのも、そうした憧れを抑えきれないところに根本的な問題があるように思えます」

 

小室家の自宅近所にある神社には、ご婚約発表直後にかけられた横断幕が、今もそのまま掲げられている。

 

《秋篠宮眞子内親王殿下・小室圭さんのご婚約をお慶び申し上げます》

 

毎朝目にするであろうその一文を、小室圭さん、そして佳代さんはどのような思いで見ているのだろうか――。